Coinbaseで新たに5銘柄の仮想通貨が上場

Coinbaseが新たに5銘柄を上場

8月11日(水曜日)、人気仮想通貨取引所Coinbaseに、新たに5銘柄の仮想通貨が追加された事が公式ブログで発表された。

今回Coinbaseに上場した5銘柄の仮想通貨については、当面、CoinbaseProでのみ利用可能でのため、CoinbaseProで取引しなければならないが、Coinbaseユーザーは、Coinbaseで使用する同じログイン情報を使用してCoinbaseProにアクセス可能だ。新たに追加された5銘柄は以下の通りである。

アイオーテックス(IoTeX/IOTX) 
オリオンプロトコル(Orion Protocol/ORN) 
クイックスワップ(QuickSwap/QUICK) 
トライブ(Tribe/TRIBE) 
テラUSD(Terra USD/UST)

アイオーテックス(IoTeX/IOTX)

アイオーテックスは、IoTeXブロックチェーンプラットフォームのネイティブ仮想通貨トークンである。

IoT(モノのインターネット)と結びついており、セキュリティカメラ、ドローン、ウェアラブルフィットネストラッカーなど、増え続けるスマートデバイスを表すために使用される。IoTeXブロックチェーンプラットフォームは、これらのタイプのスマートデバイスを分散型アプリケーションに接続するように設計されることにより、ユーザーはデバイスとデータを完全に制御できるようになる。公式サイトによると、現在ブロックチェーンを使用しているデバイスは7,000台に迫る勢いだ。

IOTXトークンはガバナンストークンで、保有者はIOTXを賭けてネットワーク全体の投票に参加できる。

オリオンプロトコル(Orion Protocol/ORN)

オリオンプロトコルには、仮想通貨市場全体の流動性を1つの分散型プラットフォームに集約する目標を掲げている。

プラットフォームへの電力供給は、同じ名前のOrion Protocol(ORN)のトークンです。ORNトークンはプロトコル全体で使用され、現在、トークン所有者には18の異なる収益源が存在し、収益の流れには、取引手数料の割合、証拠金取引の利息の割合、およびOrion貸付プログラムが含まれる。

クイックスワップ(QuickSwap/QUICK)

クイックスワップは分散型取引所で、Uniswap交換のフォークによって誕生しており、Uniswapのコードに基づいて作成されたことを意味する。

主な違いは、UniswapがEthereumで実行されるのに対し、QuickswapはPolygon Networkで実行されることで、現在、より高速なトランザクションをより低い料金で提供している点だ。クイックスワップ(QUICK)トークンは、プロジェクトの所有者に投票権を与えるもう1つのガバナンストークンで、賭けることも可能で、賭けると、Quickswapの取引手数料の一定の割合を受け取れる。

トライブ(Tribe/TRIBE)

トライブは、Fei Protocolのガバナンストークンであり、分散型ファイナンス(DeFi)ユーザーにステーブルコインを発行する。

TRIBEはガバナンスに使用されるため、トークン所有者はFeiプロトコルの変更とFEIの金融政策に投票できる。

テラUSD(Terra USD/UST)

テラUSDは、米ドルに固定されたステーブルコインで、Terraブロックチェーンプロトコルを通じて発行されたいくつかのステーブルコインの1つであり、韓国ウォンやユーロなどの通貨に関連付けられたステーブルコインも提供する。

テラのネイティブトークンはTerra(LUNA)と呼ばれるガバナンストークンであり、Terraのステーブルコインの価格を維持するためにも使用される。LUNAトークンをTerraのステーブルコインに変換したり、その逆を行ったりして、ステーブルコインの供給を増減できる。テラUSDはステーブルコインのため、通常は仮想通貨への投資として購入することに意味はないものの、Terraは現在、アンカープロトコルに対して行われたUST預金に対して約20%の金利を提供している。なお、アンカーは、Terraのバージョンの暗号普通預金口座です。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。