分散型AIプラットフォーム-デイジーがTRONチェーンを活用したスマートコントラクト型クラウドファンディングを開始

本記事はプレスリリースです。本ページに関する内容、情報、商品、その他の題材に関して、それらを支持するものではございません。NEXTMONEYは、本記事における情報、サービス、商品において、これらに関連して生じた損害や損失に対しては直接的、間接的を問わず責任を負わないものとします。

分散型AIプラットフォーム-デイジーがTRONチェーンを活用したスマートコントラクト型クラウドファンディングを開始

ブロックチェーンやスマートコントラクトなどの分散型テクノロジーは、合理化されたビジネスモデルとやエコシステムの新時代を先導します。

顕著な例として、待望の新D.ai.syプラットフォームが挙げられます。

D.ai.syは次世代型クラウドファンディングモデルであり、参加ユーザーはTRON(トロン)ブロックチェーン上で、より安全で透明性が高く、シームレスなスマートコントラクトにより、受動的な即時報酬を可能とします。

D.ai.syの最初のクラウドファンディングベンチャーは、AIマーケットリーダーであるEndotech社です。Endotech社は次世代AIテクノロジーの開発を目的としたもので過去に例を見ない、ハイレベルグレードのクラウドファンディングを実現しています。

Endotech社は、AI分野における市場の新しいゴールドスタンダードを開発しています。

一部のAIは金融テクノロジー企業へ提供されています。
例えば、業界のリーダーのために構築された取引所Gemini(Gemini Trust Company、LLC)の機関投資家向け自動戦略を70カ国以上に提供し、ライセンス企業などへのサービスで定評を得ています。Endotech社の最新プロジェクトであるD.ai.syは、人工知能により前例のないレベルの予測確率を提供すべく展開されており、多くの市場へ価値を生み出して行きます。
その一部はすでにライセンス企業へ提供されており、大きな結果をもたらしています。

これらのAIの基礎的な開発は、様々な分野に飛躍的な刺激を与えるでしょう。

CEO兼共同創業者のアンナ・ベッカー博士と、COO兼共同創業者のドミトリー・グーシュチン氏により統率されているEndotech社で、科学者と革新的な開発者からなるチームが組織され開発に従事しています。

※Endotech社COO兼共同創業者のドミトリー・グーシュチン氏

ベッカー博士は、AI開発とコンプライアンスのフィンテック業界で成功しているユニークなバックグラウンドの持ち主です。彼女は金融委員会の紛争解決委員会(DRC)に2019年まで所属していました。彼女のチームは20を超える独自のAIシステムを保有しています。ベッカー博士は、リテールファイナンスにおける経験豊富なエグゼクティブおよび変革推進者として、300以上のブローカーと仕事をし、NFAやCFTCなどの規制当局のコンプライアンス責任者を務めてきました。

彼女のトレーディングソフトウェアであるStrategy Runnerは、300人を超えるプロの戦略開発者により提供された戦略です。Strategy Runnerは、2011年にMFGlobalに買収されました。その後、彼女はGilboa Fund-of-Fundsの一員としてイスラエルの35以上のファンド組織と密接に協力し、またブローカー向けの自動化およびAIテクノロジーの開発に参画しました。

今後の展望として、Endotech社には、D.ai.syによる新たなテクノロジー開発の壮大な計画があります。

D.ai.syは、Endotech社が上場するための戦略的手段でもあります。D.ai.syスマートコントラクトにより、クラウドファンディングの貢献者は現在および未来において報酬を得ることができます。

D.ai.syの出現によりクラウドファンディング業界の進化的飛躍を期待してください。 その次世代の技術力と新たなビジネスモデルは、多数の業界が競争するために対抗しなければならない新しい先例となるでしょう。

D.ai.sy HP:https://daisycrowd.com
担当者:Ilya Manin / daisyjapan.info@gmail.com

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。