FDCTech、PayPalを追加でCondorFXProの支払いオプションを拡張

Condor FX Proユーザーは少額から資金供給可能に

外国為替およびCFD取引(差金決済取引)技術プロバイダーであるFDCTech取引プラットフォームを使用するFX /仮想通貨ブローカーの新しい支払いオプションとしてPayPalを追加したことを1月27日(水曜日)に発表した。

新しい統合により、Condor FX Proの顧客のトレーダーは、取引手数料を低く抑えながら、小額から多額の支払いまで幅広く取引口座へ即座に資金を供給できる。また、規制ポリシーやマネーロンダリング防止法に準拠した支払いを維持することも保証されている。FDCTechの主力製品であるCondorFX Proは、プロのクライアントに独自のチャートツールや高度な注文タイプのほか、レベルIIの価格設定および即時入力と実行を提供する機関投資家向けの取引スイートを提供している。

NEXTMONEYの特集記事「仮想通貨採用の米ペイパル、大手カストディ企業の買収を検討=Bloomberg」、「米ペイパル、仮想通貨カストディBitGo買収交渉は決裂」で報じたように、この分野へのPayPalの関与は、仮想通貨カストディアンであるBitGoを買収するという噂などにも反映されている。さらに、PayPalは、より高速な仮想通貨支払いシステムを通じ、ビットコイン(Bitcoin/BTC)取引の処理時間を短縮するための特許を含む、多くの関連特許を出願している。今回のPayPal追加発表に伴い、FDCTechは次のように述べた。

2020年10月のPayPalの発表により、2021年初頭までに、デジタル決済会社のオンラインウォレットを使用してビットコインやその他の仮想通貨を購入、販売、保持できるようになり、仮想通貨が世界中のFX /仮想通貨取引アカウントに資金を提供するための資金源として利用できるようになる可能性があります。仮想通貨は変動する傾向があり、投機家や証拠金トレーダーにとって魅力的なものになるため、FX /仮想通貨ブローカーにとってこの傾向はポジティブに見えます。


FDCTechについて

Condor FXは、ネイティブのバックオフィス、レポート、管理テクノロジー、およびデスクトップGUI、ウェブトレーダー、モバイル端末に完全に統合されている。

これまでForexDevelopment Corporationとして知られていたFDCTechは、米国を拠点とする完全に統合された金融テクノロジー企業として事業展開し、主要機関投資家の流動性プロバイダーの1つであるPrimeXMとAPIを統合している。さらに、ニューヨークを拠点とする企業は、企業がプライムブローカーとして機能するためのテクノロジーパッケージのプロバイダーとして業界全体で認められているほか、小売および機関投資家向けスポット外国為替市場へのアクセスを検討している外国為替市場参加者にトレーディングテクノロジーソリューションを提供する。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。