BannedVapeCompany、ブロックチェーン使用で偽造品と戦う

Puff Bar がブロックチェーンで偽造品防止

日本でも愛煙家の禁煙手段の一つやよりリスクの少ない喫煙手段として人気の高い電子タバコのフルーツフレーバーを販売するPuff Barが、ブロックチェーン技術を使用し、消費者の偽造品購入を防ぐと述べた。

ABC News「FDA issues partial ban on some flavored e-cigarettes」より動画引用

※動画は全編英語で放映されており、日本語訳が必要な場合は、画面右下に表示されている「字幕」アイコンをクリックした後、「設定」アイコンを開き、表示s荒れたメニューの中から、「字幕」→「自動翻訳」→「日本語」の順に設定すると、大まかな日本語訳が表示されます。

Puff Barは今週、Redditに、「using Vechain Technologies $VET & Cypheme to fight counterfeits. (Vechain Technologies $ VET&Cyphemeを使用して偽造品と戦う)」を投稿している。

FDAによる規制で販売停止

Puff Barは、2019年に設立されたロサンゼルスの会社であるCool CloudsDistributionによって製造されている。

ウォールストリートジャーナルによると、FDA(Food and Drug Administration=米国食品医薬品局)がフレーバー付き電子タバコを禁止。これを受けてCool Cloudsは米国で製品の販売停止をしており、この件についてPuffBarはRedditで次のように語っている。

私たちの製品は健康的ではありません。私たちが販売するものはすべて、リスクを知って電子タバコを吸う大人の消費者向けです。

このメッセージを発信した背景には、米国内で電子タバコがクールだとして未成年者の購入および使用が相次いだ背景がある。禁止に際してPuffBarは

私たちは完璧ではなく、急速に成長し、間違いを犯し、間違いを正すために撤退し、警告通知が届く前に販売をやめました。

 

偽造商品の氾濫

PuffBarの製品は市場に出回っていない。そのような背景から、手軽に購入できる偽造品が市場に氾濫し、代用されている。

同ブランドでは、偽造品を販売するリンクをクリックすることを思い斗ぢマるように警告しているものの、それだけでは不十分で、市場に出回る95%が偽造品だと述べている。

ブロックチェーン技術がどう役立つのか

PuffBarは、51%が起きない限り、ブロックチェーンにログオンしているすべてのものを変更または変更することはできないというブロックチェーンの普遍性に着目。

フランスの偽造防止会社Cyphemeの認証技術「独自のインクとプリンター」で作られたタグと、ユーザー自身の電話カメラを使用して検証することで偽造品防止に乗り出した。PuffBarの公式サイトにアクセスし、スマホカメラが自動的に開くようになっており、商品写真を送信してEnterキーをクリックするだけで5秒以内に本物か偽造品化を判別してくれる。

この認証方法は、米国を皮切りに、今後数週間で展開を開始されるとして次のように述べている。

業界を知っている人なら誰でも、偽物が横行していることを知っている。蒸気を吸う業界でもっと多くのVETを見始める準備をしてください。訴訟や法的な問題で偽物を販売していることをより明確に証明するのにも役立ちます

認証手段にブロックチェーン技術を利用する動きは目新しい物ではなくなっている。ウォルマートのなどの食品を扱う企業で、サプライチェーンマネジメントにブロックチェーンを使用し、「農場から食卓まで」の一貫した食品追跡が可能である。

なお、PuffBarは支払手段として、イーサリアム(Ethereum/ETH)とビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)の受け入れを発表している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。