ミャンマー中央銀行、「暗号資産を公式通貨として認識していない」

ミャンマー中央銀行、「暗号資産を公式通貨として認識していない」

ミャンマー中央銀行(CBM)は、暗号資産を公式通貨として認識していないと発表し、暗号資産の取引を行った者は投獄または罰金を科される可能性があることが報じられた。ミャンマータイムズの報道によると、同国の中央銀行は5月15日、金融機関が暗号資産を使用した取引の受け入れまたは促進を許可されていないことを発表したという。

また銀行は、ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、パーフェクトマネー(PM)などの仮想通貨を、個人のフェイスブックプロファイルから取引され、CBMによって施行された規制の対象として参照しているとのこと。発表では具体的な結果については触れられていないが、暗号資産を取引すると何年も刑務所または高額の罰金が科される可能性があると銀行は述べている。

しかし、地元の仮想通貨愛好家は、その発言が法に何らかの効力を有するかどうかについて異議を唱えており、仮想通貨取引をローカルで取引している人々はこれには当たらないようだ。暗号資産関連プラットフォームGet Myanmarの最高経営責任者(CEO)であるU Nyein Chan Soe Win氏は、「CBMは、法律に基づく仮想通貨の使用を禁止していません。公式な法律がないため、デジタル通貨での取引は違法であるとは言えません。ミャンマーの中央銀行が国の仮想通貨取引を妨害しようとしたのはこれが初めてではありません。」と述べている。

というのも昨年、CMBが未経験のユーザーがお金を失う恐れがある中で、暗号資産の取引を停止するよう消費者に促したことが報じられている。銀行はミャンマーでは暗号資産が無許可であるというメッセージを送信しようとしているが、その使用を規制またはブロックするメカニズムまたは法的枠組みは整っていないとのことだ。

この記事のURLをコピーする