2月29日にMIKSコインがコインニールに上場

MIKSコイン:コインニール(Coineal)に上場

フィリピンの暗号資産取引所「HARSEQ Exchange」の独自トークンである「MIKSコイン」が2020年2月29日に暗号資産取引所コインニール(Coineal)の上場が決定しました。

MIKSコインとは

MIKSコインとはフィリピンのカガヤン経済特区内にて暗号資産取引所ライセンスを獲得した取引所である「HARSEQ」の独自トークンです。

フィリピンの経済成長によりフィリピンの人々の生活だけでなく、アジア諸国の生活の改善を目的としています。

現在ではフィリピンの政財界と強いコネクションをもち、600万人を超えるコミュニティと成長しています。

MIKSコインの目的

1. フィリピン経済成長への貢献

MIKSコインはカガヤン経済特区でライセンスを取得しています。カガヤン経済特区は海外のフィンテック企業勧誘を行っており、暗号資産事業を通じフィリピンの経済発展に貢献します。

2. 海外で働くフィリピン労働者への海外送金支援

現在、海外で働くフィリピン労働者が自国に送金する手数料は数千億円にものぼると言われています。

暗号資産を利用することによりこの手数料を大幅に削減することが可能です。

3. エンターテイメント事業

MIKSコインは生活インフラやショッピングモールでの仮想通貨利用促進、オンラインカジノ、店舗型カジノなどエンターティメント事業の展開も行っており、MIKSコインを利用することにより買い物やカジノなどユーザーはスムーズな生活を提供することができます。

HARSEQとは

HARSEQとはフィリピンでライセンスを取得した暗号資産取引所であり、独自トークンとしてMIKSコインを発行しています。

同取引所はMIKSコインを中心にオンラインカジノ・決済システム・メディアなど様々な事業の展開も行っています。

最安の手数料・最高のアフィリエイト

HARSEQの手数料は世界最安値のバイナンスより安いという特徴があります。これは実質、世界一手数料が安いということになります。

また、アフェリエイト手数料が世界的で最も高額な45%を予定しており、口座登録・入金キャンペーンも行う予定です。

セキュリティの高さ

HARSEQは2段階認証を採用しています。

また、ユーザーの資産はコールドストレージにより分割管理されてオフラインで保管されているため、ハッキング等の心配がありません。

暗号資産取引所Coinealとは

Coinealとは、BTC, ETH, USDT, Rippleほか56種類と豊富な暗号資産銘柄を取り扱うことで有名な2018年4月に設立された中華系の暗号資産取引所です。

98%の資産がコールドウォレットに保管されており、セキュリティ対策も高く、言語対策も十分にされており、日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語が利用可能です。

MIKSコインの基本情報

■MIKSコインホームページ

■公式Youtube

■MIKSコイン JAPANファンサイト

■HARSEQ取引所

本記事はプレスリリースです。本ページは、購入催促やそれらを支持する記事ではありません。NEXTMONEYは、本記事におけるサービスや商品において、これらに関連して生じた損害や損失に対しては直接的、間接的を問わず責任を負わないものとします。
この記事のURLをコピーする

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。