中国インターネット大手テンセント、仮想通貨銀行事業に参入

中国インターネット大手テンセント、仮想通貨銀行事業に参入

中国のインターネット大手・テンセントが、バーチャルバンク(仮想通貨銀行)の事業に参入するようだ。

すでに香港証券先物委員会(SFC)から開業許可を得ており、開業に向けたサポートチームを社内で編成後、事業参入への動きを加速させる考えを、テンセントのブロックチェーンビジネス責任者のWeige Cai氏が、世界ブロックチェーン会議で明らかにした。

SFCは今週初めに仮想通貨銀行の開業に関するルールを明確にしたばかりで、Cai氏は、「香港のデジタル資産取引に関する新しい規制と監督は、ブロックチェーン技術とデジタル資産の重要性を検証する。これは、仮想通貨業界全体にとっても朗報である」と肯定的な意見を述べている。

SFCはこれまで、12の事業体に仮想通貨銀行の開業免許を交付。12の事業体には、テンセントをはじめ、大手銀行のICBCや香港拠点の機関投資家の合併会社であるInfinium Limitedが含まれている。

この記事のURLをコピーする