リップル社の投資部門、仮想通貨XRPの有用性向上に向けて新たな投資

リップル社の投資部門、仮想通貨XRPの有用性向上に向けて新たな投資

リップル社の投資部門Xpringが、仮想通貨XRPの有用性向上のため、新たな投資を実施した。XRPの分散台帳機能「XRPレジャー」でスマートコントラクトの決済を有効化する狙い。同社は投資額を明らかにしていない。

投資先は「フレア・ネットワークス」。イーサリアムでのスマートコントラクトの実行機能(EVM)を統合したプロジェクトで、XRPレジャーと同様に、ネットワークを保全するためには、スケーリングができないインセンティブを不要にするという。

フレアネットワークスのネイティブ通貨は、アルゴリズム型ステーブルコイン。XRPを秘密鍵を宛先不明のアドレス宛に仮想通貨に送ることで、送った通貨の出し入れを不可にする「バーン」を実行することで生成する。続いて、複数の台帳を接続する「インターレジャー」を介し、XRPの送金を可能にする。

また、フレアネットワークスは、セキュリティやシンギュラリティといった企業とのテスト段階にあるという。

この記事のURLをコピーする