仮想通貨市場の全時価総額が3日間で180億ドル減少|要因はBitfinex破綻の噂か

仮想通貨市場にとって、今週は厳しい週となった。

仮想通貨の時価総額などが確認できるサイト「CoinMarketCap」では、仮想通貨の全時価総額が3日間で約180億ドル(約2兆円)減少した。

ビットコインは、10日水曜日頃から下落を開始し、翌11日6500ドルから、ここ1ヶ月の間で初めて6200ドルを下回った。現在は6200ドル付近で推移している。
ビットコイン以外のアルトコインはさらに状況が悪い。

  • ETH:12%下落
  • XRP:18%下落
  • BCH:14%下落
  • EOS:10%下落

市場悪化の要因は

仮想通貨への投資などを行う「BKCM」の創設者兼CEOのブライアン・ケリー氏は、Bitfinexで法定通貨の預金を全て一時停止したという噂が出た後、売り圧力が強まったという。

これが(Bitfinexの噂)投資家の心理状態を悪化させ、下落の要因となったが、価格はほぼ正常に戻っている。

Bitfinexはこの件に関して公式HPで「最近のオンラインの噂に対して」というタイトルで以下のように報告している。

Bitfinexは破綻していない。
理由の説明もなく破綻していると主張する記事が多く、我々も理解できない。

法定通貨及び仮想通貨の入出金は通常通り機能しています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。