イギリスリバプール市が、ブロックチェーン技術を利用した都市づくりを目指す

19日、イギリスのリバプール市が、気候や環境に及ぼす影響を緩和するためブロックチェーン技術の利用を検討していることを地元メディアが報じた。

Twitterでリバプール市議会は、

ブロックチェーン技術の採用は、2020年までに世界初の”クライメット・ポジティブ・シティ”を目指すためにやるべきことの一つです。

と説明した。

クライメット・ポジティブ

クライメット・ポジティブとは、開発区域の温室効果ガスの排出をゼロ以下とする開発を推奨し、低炭素都市の実現に向けたモデルとすることを目的とするC40(世界大都市気候先導グループ)の認証制度。
現時点では「クライメット・ポジティブ達成」の認証を受ける段階まで進んでいるプロジェクトは無い。

リバプール市はポセイドン財団と提携し、トークン化したカーボンクレジットを安全に交換するためのブロックチェーンプラットフォームを1年間テスト運用する予定である。
ポセイドン財団は、マルタに拠点を置く非営利団体であり、森林保全のためのブロックチェーン技術を政府や機関に提供している。

市議会では2030年までに、リバプールの温室効果ガスによる気候への影響を40%削減するというベンチマークが設定されている。
現行で、街路灯のエネルギー消費削減のため、リバプールの街路灯2千本に省エネLEDを設置している。

リバプール市は以前から炭素排出の対策を実施しており、2012年から約56万トンの削減に成功している。

リバプール市長はポセイドン財団のブロックチェーン技術に対し以下のように述べた。

クライメット・ポジティブを支援する世界中の政府や企業・個人に対して、解決策を提供してくれる技術として、ブロックチェーン技術は初めてであり、この提携によって、最先端の技術が我々の都市にもたらされることに興奮している。

運営の見解

運営の椎木
ビットコインのマイニングで大きな電気料金がかかっているので、それを踏まえてこのような取り組みをしていくのは素晴らしいことだと思います。インターネット同様に、様々なところでブロックチェーンの技術を使用していき、私たちの暮らしをより豊かにしていけるプロジェクトが進んでいけば良いなと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。