ビットコインSVが大規模な51%攻撃を受けている事が判明

ビットコインSV が51%攻撃を受ける

悪意を持つ正体不明のグループにより、ビットコインSVブロックチェーンが再編成され、同時にマイニングされた3つの異なるチェーンを作成していることが分かった。

ビットコインキャッシュのフォークとして作成され、主に起業家のカルヴィン・エアー(Calvin Ayre)氏とクレイグ・ライト(Craig Wright)氏によって宣伝されたブロックチェーンであるビットコインSV(Bitcoin Satoshi Vision/BSV)が、大規模な51%攻撃を受け、仮想通貨市場ですでに傷ついた評判をさらに弱めている。今回発覚した51%攻撃は、先月ZuluPoolによって編成された同様のチェーン再編成に続くものとみられている。

ビットコインSV への51%攻撃の詳細

ビットコインSV(BSV)は、8月3日(火曜日)から51%攻撃を受けており、最大3つのバージョンのチェーンが同時にマイニングされた事が判明。仮想通貨分析プロバイダーのCoinMetricsは東部標準時午前11時45分(日本時間の8月4日1時45分)頃、FARUMリスク管理プラットフォームが51%の攻撃を特定したことを確認した。

攻撃に関する情報は、CoinMetricsのネットワークデータ製品マネージャーであるルーカス・ヌッツィ(Lucas Nuzzi)氏のツイートで裏付けられ、ヌッツィ氏は次のように述べている。

日本語訳)
BSVは大規模な51%攻撃を受けています。昨日の攻撃の試みの後、今日の午前11時46分にいくつか深刻なハッシュ能力が解き放たれ、攻撃者は成功しています。ダース以上のブロックが再編成され、最大3つのバージョンのチェーンがプール間で同時にマイニングされています。

12時間続いた51%攻撃に今後も注意が必要

Coin Metricsの最新の更新によると、FARUMノードが攻撃は約12時間続き、最大深度14ブロックのディープ再編」を目撃したことが確認され、それ以上の再編成イベントは観察されていないものの、同期の競合は依然として主要マイニングプール全体で発生していると警告した。

BSVの採用をサポートするビットコイン協会は、進行中の51%攻撃について次のような声明を発表しました。

進行中の再編成攻撃に応えてBSVネットワークの場合、ビットコイン協会は、ノードオペレーターが不正なチェーンを無効としてマークすることを推奨しています。これにより、ノードはすぐに正直なマイナーによってサポートされているチェーンに戻り、攻撃者のチェーンがロックアウトされます。不正なチェーンを無効にするには、ノードオペレーターは自分のノードで次のコマンドを実行する必要があります。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。