決済大手アリペイ、仮想通貨・ビットコインの決済サービスを否定

決済大手アリペイ、仮想通貨・ビットコインの決済サービスを否定

中国の大手決済サービスAlipay(アリペイ)は今月11日、同社の公式Twitterを更新し、ビットコインはもちろん仮想通貨に関連する決済および、取引を禁止することを発表した。今回、突如発表されたアリペイの仮想通貨の禁止は、詳細な情報までは明らかになっていない状況だ。

アリペイが発表した、仮想通貨の決済、取引の禁止については、世界最大の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)のCEOであるCV氏が大きく関係している。バイナンスは昨日10日、、ETH/CNY、BTC/CNY、USDT/CNYのP2Pトレーディング機能(OTC取引)を開始したことを発表。そして直後、あるTwitterユーザーがAlipayとWeChatを使用して、P2P取引できるか質問したところ、CZ氏は「YES」と回答。

世界最大の取引ボリュームを誇る取引所バイナンスにて、P2Pトレーディング機能(OTC取引)が使用できるとして、市場のユーザーから賞賛と、期待の声が高まっていた。しかしそこから事態は急変、アリペイは仮想通貨を禁止することを発表したのだ。

P2Pトレーディング機能(OTC取引)を使用した場合、アリペイから追放?

また、アリペイがTwitter上で発表した、P2Pトレーディング機能(OTC取引)の禁止について、強気で厳格な体制を整えることを公表しており、もしユーザーがP2Pトレーディング機能(OTC取引)を使用した場合、アリペイに関連する支払サービスが直ちに停止される。

トランザクションがビットコインまたは他の仮想通貨に関連していると識別された場合、 アリペイに関連する支払いサービスを直ちに停止します。

大手仮想通貨取引所バイナンスと、大手決済事業アリペイのこれからの進捗には、注目が集まっている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。