韓国仮想通貨取引所ビッサム、シンガポールに進出

韓国仮想通貨取引所ビッサム、シンガポールに進出

韓国の大手仮想通貨取引所ビッサム(Bithumb)が、シンガポールの仮想通貨プラットフォーム「ビットホリック」(BitHolic)と提携し、同国の市場に進出する。ニュース1コリアが8日報じた。

ニュース1コリアの報道によると、ビットホリックは8月、「ビッサム シンガポール」に改名する。株式構成や出資状況は明らかにされていないが、ビッサム関係者も「具体的な資本構成はわからない」と述べている。

ロイターの昨年10月の報道によると、シンガポールを拠点に事業を展開しているBKグローバルコンソーシアムがビッサムの経営権を実質的に取得。ビッサムの大株主である企業の株式を3億5400万ドル(約370億円)で買収している。

一方で、ビットホリックは、シンガポール開発企業が昨年初めに設立した仮想通貨取引プラットフォーム(サイト)で、ビットコインをはじめ、10種類以上の通貨の取引を仲介している。代表は、元ビッサムの戦略企画部門ディレクターであるパク・チュンフン氏が務めている。

ABOUTこの記事をかいた人

わたぼう

1990年生まれ。地方新聞社で新聞、経済雑誌記者として5年勤務した後、仮想通貨に魅せられ、仮想通貨記者に転身。各メディアで仮想通貨関連の記事配信を手掛ける。