Ultra Coin(UOS)ついに取引開始!次世代のゲーム配信プラットフォーム「Ultra」のチーム紹介

本リリースでは、UOSの取引開始にかかる詳細に加え、Ultraの共同CEOである「ニコラス」と「デイビッド」についてより詳細な情報と、彼らのゲーム業界との出会い、チームとしての経歴、如何にUltraが設立されたか、そしてエグゼクティブチームについて紹介していきます。

Ultra(ウルトラ)とは

市場独占を打破するために開発されたUltra(ウルトラ)は、開発者とプレーヤーの両方に新しいソリューションを提供する次世代のゲーム配信プラットフォームです。

Ultra(ウルトラ)は、世界中で1億回以上ダウンロードされたEAゲームなどで使用されている段階的なソフトウェアダウンロード技術によって強化されたブロックチェーン基盤を備え、ブロックチェーンベースの機能は、革新的なビジネスカスタマイズを可能にし、ユーザーと開発者に新しい機会を提供します。

2人のCEO、Ultra(ウルトラ) 設立までの軌跡

Ultraは2人のCEOが存在する点で、他の企業とは一線を画しています
彼らの名は「ニコラス・ジロー」と「デイビッド・ハンソン」です。

2人は長い友人関係にありますが、それはeスポーツが主流になる何年も前に、ビデオゲーム・コンテストでたまたま同じ車に乗り合わせたのが出会いのキッカケでした。

彼らは直ぐに意気投合し、早くから相互補完的な才があることを認め合い、 彼らの技術スキルと経営スキルは協調し合い、実用的な解決策を構想し、強力なビジネス関係を築くことにつながっていきます。

数年後、彼らは共同で企業を設立し、その後2社目、3社目とIT企業を立て続けに設立し、それぞれの企業で優れた製品を世に送り出すことに成功しています。

2011年早々より、デイビッドはビットコインに興味を持ち、PayPalを用いてBitcointalkで最初のビットコインを取得、さらにビットコイン・マイニングがCPUでも可能だった頃からマイニングに着手していました。

彼は革命が始まろうとしていることに気づいていたのです。

デイビッドはニコラスとアイデアを共有し、2014年にイーサリアムが出現したときには、Ultraこそが共同で造り出すべき次の会社だと2人は確信していました。

ニコラスとデイビッドはUltraのホワイトペーパーを作成し始め、ビデオゲームを何百万人ものユーザーに配信できる強固な技術と、ブロックチェーンでしか実現できない機能を考え抜きました。彼らが目標とするところは、プラットフォームへ価値の付与をしてくれるプレーヤー全員にトークンを付与できるエコシステムを創り上げることです。

人員の確保と技術が安定してくると、Ultraは次第に公に姿を表し、Ultraというプロジェクトのビジョンの強力さとユニークさが、アップル、マイクロソフト、Googleなど、世界でも有数の大手企業から世界レベルの有名な幹部やタレントを魅了し、チームは急速に成長していきました。

Ultra(ウルトラ)のエグゼクティブチーム

エドワード・モアレム( 最高戦略責任者)

最初のエグゼクティブチームメンバーの1人は、最高戦略責任者(CSO)エドワード・モアレムです

エドワードはゲーム業界で長年の経験があり、アップルではコンシュマー・ゲーム部門のシニア・マネージャーとしてスティーブ・ジョブズの直属で開発に取り組み、Macのゲーム市場も立ち上げ、同ハードウェアの巨人に対して、ゲームが「金のなる木」であることを証明してみせ、また、中国、韓国、その他のアジア諸国でのゲーム輸出入で数十件もの取引をまとめ上げる実績があります。

マイケル・ダン(最高技術責任者)


エドワードが加わった直後、
マイケル・ダンも最高技術責任者 (CTO) としてUltraに加わりました。

DellやTime Warnerでの勤務歴や様々な大企業のCTOを経験してきた彼の申し分のない経歴は、UltraCTOとして最適です。

また、マイケルは新興技術を使って世に変革をもたらそうとするスタートアップ企業を何十社もアドバイスしており、ブロックチェーンを活用するスタートアップも多く見てきたため、Ultraを知ったとき、彼は直ぐにUltraの市場に及ぼす影響の大きさを理解しました。

ジュリアン・マーロン(最高財務責任者)

ニコラスとデイビッドにとって、ゲーム業界に精通していて、尚かつ、世界の金融市場にも精通している最高財務責任者の雇用は最重要でした。

会計・法律に関する知識と同じくらい創造性と想像力を重要とするこの業界に、「ついてこれる・チャレンジ出来る」人材を必要としていました。

リー・オ・ドノバン(マーケティング部門最高責任者)

リーはVodafoneでグローバルプロダクトマネージャーを務めた後、Googleでシニア・マーケティングの役割を担い、Google AppsYouTubeなどのマーケティングと戦略構築を欧州やその他の国際市場向けに推進した、かなり顕著な経歴の持ち主です。

Ultraが最初に彼にコンタクトしたとき、すでにリーはブロックチェーンと暗号通貨にも注目していました。

Ultra Coin(UOS) 第二弾のIEOは35秒で完売、7月17日より取引開始

Ultra上で展開するコンテンツマーケットの決済手段(従来の決済も可能)、そして全トランザクションの執行にUltra Coin(UOS)を用います。

UOSは、2019年7月16日に、BITFINEX ETHFINEXのIEOプラットフォームtokinexで第二弾のIEOが行われ、ハードキャップとしていた1,000,000 USDは、僅か35秒で完売しました。

そして、2019年7月17日 19:00 よりBITFINEXETHFINEXにてUOS/USD と UOS/BTCでの取引が開始されました。

Ultra 公式リンク
URL:https://ultra.io/
Twitter:https://twitter.com/ultra_io
Telegram:https://t.me/ultra_io
本稿はPRESS RELEASEです。
NEXT MONEYは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者の皆様は、本ページに関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、必ずご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願い致します。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。