仮想通貨ウォレット【Montex Wallet(モンテックスウォレット)】|「ERC20、ERC223、ERC721」全てに対応可能


Warning: in_array() expects parameter 2 to be array, null given in /home/agic/nextmoney.jp/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 997

仮想通貨市場は、イーサリアムをはじめとしたアルトコインと呼ばれる仮想通貨が多く誕生しています。それに伴い仮想通貨の資金調達(ICO)の件数も増加し、その多くをイーサリアム(ETH)ブロックチェーン上のトークンである「ERC-20」トークンでのICOが大半を占めています。

そして今回、仮想通貨ウォレットとして「Montex Wallet(モンテックスウォレット)」が新たにリリースされました。「Montex Wallet」は、スムーズな入出金はもちろんのこと、セキュリティ機能や様々なサポートにまで対応した仮想通貨ウォレットです。

また、最大の特徴として、イーサリアム(ETH)ブロックチェーン上で発行された「ERC20」「ERC223」「ERC721」全てに対応しており、秘密鍵の管理やカメラを使用したQRコード送金、トランザクション履歴の確認など、仮想通貨の管理をシンプルな画面構成で使いやすく設計しています。

【ios/Android】Montex Wallet(モンテックスウォレット)アプリのダウンロードはこちらから

Montex Wallet
Montex Wallet
Price: Free
The app was not found in the store. 🙁

仮想通貨ウォレットを使用するメリットとは?

仮想通貨を取り扱うユーザーや投資家は、仮想通貨取引所で購入したアルトコインをどのように保管しているのでしょうか?

仮想通貨を保管するユーザーや投資家の大半の現状は、取引所にそのまま保管していることが多く、自己資産への対策が不十分なのが現状なのです。

もちろん取引所には、様々なサービスへの対応や取引を迅速に行えるというメリットがありますが、このように取引所に預けたままでは、資金損失のリスクを伴い、仮想通貨で得た利益を失う可能性があります。

そして、取引所に預けたままの仮想通貨には、次のようなデメリットが存在しています。

取引所のカウンターパーティーリスク
  • ハッキング
  • GOX(資金の持ち逃げ)
  • 取引所の閉鎖
  • 一括での資産管理が困難
  • ポートフォリオ管理
  • 送金ロス

Montex Walletの特徴・詳細

Montex Walletは、「ERC20」「ERC223」「ERC721」のイーサリアムブロックチェーン上のトークンに対応していることが最大の特徴であるが、次のような特徴も兼ね備えています。

Montex Walletとは?
  • 使いやすくて見やすいインターフェース
  • 簡単で迅速な送金
  • 秘密鍵の管理
  • 様々なETHベースのトークン管理
  • マルチ言語
  • 取引詳細(入出金)の確認
  • 複数の端末から複数アカウントでの管理

Montex Wallet(モンテックスウォレット)は、シンプルなインターフェイスで初心者から熟練の投資家まで使いやすい仕様に設計されています。

送金する際にはカメラを起動し、QRコードの読み取りを使用することで迅速に簡単な送金を実現できます。また、入金・出金する際にもQRコードを使用することで外部ウォレットから簡単に実行でき、仮想つか独特の複雑で内外アドレスによる誤送信の原因改善にも繋がります。

秘密鍵では、サーバー側に保管することなく、地震のデバイスに安全に保管されます。これにより、中央集権のハッキングやGOXに対する対策が可能ができるのです。

そして、「取引詳細(入出金)の確認」は、全ての出金・入金を自身が持つ端末で確認することができます。世界中にあるウォレットや仮想通貨取引所では、取引や送金した履歴を確認できず、確認できるプラットフォームでも履歴やトランザクション消えてしまったり、確認する過程が複雑な場合がありました。

しかしMontex Wallet(モンテックスウォレット)では、トランザクションや入出金の詳細履歴を、いつでも自由に安全に確認できます。

セキュリティ機能

Montex Wallet(モンテックスウォレット)は、セキュリティ機能について顧客が保管する資産を安全に守る機能を充実させています。

生体確認を採用することによって、第3者が仮にユーザーがパスワードを漏洩した場合でもログインすることができません。

まtあ、スマートフォンや、いつも使用している端末自体を紛失した場合でも複数の端末から複数のアカウントを使用することができるため、遠隔操作で操作に関しるロック制限をかけることもできます。

そして、管理しているサーバーについては「2084bit RSA」を導入し、セキュリティ対策には万全の準備を整えています。「2084bit RSA」はセコムやLINEの暗号メッセージなどにも使用されており、長ければ長いほど安全とされている鍵長「512bit、1024bit、2048bit、3072bit」を安全基準である2048bitを採用してセキュリティ管理をしています。

他社のウォレットと比較