BitMEXのCEO「Bitcoin(ビットコイン)の弱気市場は2019年まで続く」と発言

ビットコインは現在、6,400ドルを超え安定しているが、勢いは無い。
BitMEXのCEOであるArthur Heyes氏は、2014年と2015年のような市場を繰り返すかもしれないと述べた。

Heyes氏は、仮想通貨はすべての市場で例外なく、いくつかの段階を経ており、ビットコインは回復段階に進む前に「まだ底に到達していない」と考えている。
今年3月頃に始まったビットコインの弱気市場は、少なくとも2019年まで続くと予測した。

BTC/USDのチャートを確認すると、10月末の6400〜6380ドルのゾーンを下限としてサポートされている。
それが解消されると、次のサポートラインは心理的に6300ドルにあるという。
一度下方修正されると、6200ドルまで下落が続くかもしれない。

逆に最近の上限ラインは6460ドル付近で、日曜日のアタックでブレークされず、強い抵抗となっている。
持続可能な動きがあれば6,500ドルに達する可能性も高い。

しかしRSI(一定期間における値動きの強弱を数値化した指標)によると、下方に向いていることを示している。


この記事のURLをコピーする

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。