【仮想通貨用語集】『オーファンブロック』とは?

仮想通貨における『オーファンブロック』とは?

ブロックチェーンが新たに生成され連なっていく過程で、枝分かれすることがあります。ブロックチェーンは枝分かれを繰り返していく中で最長のものが正しいものとされます。

枝分かれした中で最長のものが「正当なブロックチェーン」とされ、それに対し短いものや、途切れてしまったブロックは「オーファンブロック(孤立ブロック)」と呼ばれます。

そして、オーファンブロックは不正なブロックとみなされ破棄されます。つまり、オーファンブロックに入った取引は成立しなかったものになります。

『オーファンブロック』の使用例

オーファンブロックに入ったため取引は成立していない。

悪質なブロックはオーファンブロックになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)