【仮想通貨用語集】『オフチェーン』とは?

仮想通貨における『オフチェーン』とは?

オフチェーンとは、ブロックチェーン上に記録されない取引のことを指します。

まずはじめにオフチェーンを理解するためにスケーラビリティ問題を説明します。

通常ビットコインなどの取引はブロックチェーン上に記録されますが、ビットコインのブロックチェーン上では一つのブロックを生成(マイニング)する時間に約10分かかります。各ブロック内に取引データを記録する取引データには最大量が定められており、ビットコインの利用者が増加し、利用者が多くなると、取引時間がかかってしまう問題が出てきます。この問題がビットコインが抱えるスケーラビリティ問題です。

また、ブロックチェーン上に記録するためにマイナー手数料を支払う必要もあり、少額取引(マイクロペイメント)が難しくなっています。

これらのスケーラビリティ問題や、手数料の問題を解決するために、全ての取引をブロックチェーン上に記録するのではなく、オフチェーン(ブロックチェーン外)で取引や記録をし、その取引などの最初と最後の記録のみブロックチェーン上に記録することで問題を解決することができるのがオフチェーン取引です。

『オフチェーン』の使用例

オフチェーン取引を使用して取引や手数料のコストを削減する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)