Facebook関係者がNoviは米国の主要州から承認を受けたと主張

Noviが米国主要州から承認を受けたと主張

Facebookの幹部であるデービッド・マーカス(David Marcus)氏は、同社プロジェクトNoviに関する規制情報を発表した。

Facebook社のデービッド・マーカス氏はブログを通じ、米国のほぼすべての州でNoviの承認を確認し、まだ承認されていない場所については発売しないことを明らかにした。同氏は、プロジェクトは必要な許可なしにDiemでNoviを起動しないことを約束していると述べたほか、プロジェクトはまだそのコミットメントを維持していると述べた。そのため、国際的な規制当局との継続的な協議が今後も続くとみられる。

Noviの特徴と機能譲歩を開示

マーカス氏は複数州からの承認を受けた発表と同時に、Noviの特徴と機能に関するいくつかの情報も開示した。

同氏によると、仮想通貨ウォレットは米国内外で無料の個人間支払いを可能にし、商人の支払いから将来的にNoviが得られる収益性の可能性を説明している。これは、プロジェクトがより多くの顧客ベースを構築する場合に効果的な可能性がある。他のさまざまな金融サービスを多様化して提供できるとのべているが、これらは、拡大をもたらす良いパートナーとのコラボレーションを通じて達成できるという。

Facebookプロジェクトのこれまでとこれから

Facebookの即時通貨に関する現在のニュースから、プロジェクトは徐々に開始期間に移行している。

ただ、すでに多くの仮想通貨ユーザーが知っているように、開発期間とプロジェクトの遅延を経て、2年以上経過したようやくここまでたどり着いている。プロジェクトの発表は2019年6月だったが、その直後から問題が発生し、プロジェクトに参加したメンバーのほとんどが2019年10月初旬にDiemAssociationを退会している。その結果、多くのヨーロッパの規制当局は、期間内にプロジェクトを取り締まる動きにまわり、それと同時に、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)はフェイスブックの関与に関して米国議会に直面した。

これまで、Diemはさまざまなブランドや商標としていくつかのプロジェクトを通過している。以前のブランドには、Globalcoin、Facebook Coin、Libraなどがあるが、マーカス氏だけでなく、Facebook、Diem協会のいずれも、ウォレットやステーブルコインのリリース予定日を明らかにはしていない。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。