仮想通貨取引所バイナンスは間も無く、中国元建てのOTCを開始

仮想通貨取引所バイナンスは間も無く、中国元建てのOTCを開始

世界最大の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)は、来月中にフィアットから仮想通貨へのOTC取引を開始する計画であり、取引所は中国の仮想通貨市場をターゲットにしているとのことだ。このサービスは、法定通貨、特に中国元を預けるためのゲートウェイを提供する予定であり、170か国のユーザーがBinance.comで法定通貨を使用して仮想通貨を購入できるようにする支払いサービスを展開する予定である。

バイナンス創設者のYi氏は人民元建てのOTCサービスが今後中国市場に注力するバイナンスの事業戦略の一環であると説明した。実際、人民元建てのOTCが実現すれば、これまでバイナンスのOTC取引を行うためには人民元をテザーに変換する必要があったがその必要がなくなるため、中国マネーの流入促進が期待できる。

中国と仮想通貨の関係性

2017年のビットコインバブル相場では、9割の資金が中国人投資家の人民元によるものと考えられているが、中国政府が2017年9月より国内における仮想通貨関連活動を全面的に禁止しているため、バイナンスなどのいわゆる3大取引所も中国市場から撤退した。

バイナンスのこの動きは、HuobiやOKCoinなどの他の中国の取引所がその後海外に進出し、仮想通貨の取引を提供した後、OTCマーケットメーカーをプラットフォームに採用して、ユーザーが中国元を使用して暗号を売買することを可能にしたことに追随している。

最近、Binanceからのニュースはこれだけにとどまらず、彼らは最近、デリバティブ分野に参入するためにJEX取引所を購入した。また、Binanceは、Futures AとFutures Bという愛称の2つの仮想通貨未来トレーディングプラットフォームのテスト用のサンドボックスを提供する予定であると述べた。

最後に、Binanceはより安定したコインの提供も発表し、ニューヨーク金融局から規制当局の承認を受けたと述べている。

この記事のURLをコピーする