「PocketSwap(ポケットスワップ)」ベータ版がローンチ

「PocketSwap(ポケットスワップ)」ベータ版がローンチ

一般社団法人DSTO(本社:東京都港区、代表理事:東門 篤)が開発する「Pocket Swap(ポケットスワップ)」は、独自仮想通貨(トークン)DSTOと仮想通貨イーサリアム(ETH)をPool(プール)に預けることによって、報酬を獲得することが可能なDEX(分散型取引所)「Pocket Swap」のベータ版を2月1日から順次開始することを発表致します。

Pocket Swap(ポケットスワップ)は、3月1日に予定しているPocket Swap(DEX)取引開始に向け、これまでのDeFi(分散型金融)市場で大きな盛り上がりを見せた「流動性マイニング」を取り入れた最新のDEXとして開発を進めております。

Pocket Swapの流動性マイニング

ベータ版としてローンチされたPocket Swap(ポケットスワップ)の流動性マイニングは、独自通貨DSTOとイーサリアム(ETH)を「1:1」で同プラットフォーム上の「Pool(プール)」に預けることで、既にBinance(バイナンス)やHuobi Global(フォビ)、Coinbase(コインベース)などに上場しているIPFS技術を基盤とした仮想通貨ファイルコイン(Filecoin / FIL)を流動性マイニングの報酬として獲得することができます。

ファイルコイン(FIL)を獲得できる流動性マイニングの開始も、Pocket Swap(ポケットスワップ)の取引開始に合わせてローンチする予定です。

ファイルコイン(Filecoin / FIL)について

流動性マイニングで貰えるファイルコイン(Filecoin / FIL)は、インターネット社会が抱えるデータセンター&ビッグデータの問題を解決されるために生まれたWeb3.0時代の中核技術と呼ばれる「IPFS(Interplanetary File System)」を基盤としたプロジェクトのネイティブトークンです。

このIPFS技術は、昨今の無料動画コンテンツやSNS、eコマースなどのサービス普及により、使用されるデータ量が急激に増加していることを受けて開発された分散技術のひとつでです。これらのデータは現在、大手企業が大量の資金を投じて、それらのデータや情報を処理しているものの、データは拡大の一途を辿っています。そんなデータセンター市場を、IPFS技術とファイルコインプロジェクトを開発・運営するProtocol Labs(プロトコル・ラボ)社が仮想通貨を活用して、データ問題の解決を目指しています。

流動性マイニングで配布するファイルコイン(FIL)は、Pocket Swap(ポケットスワップ)運営が保有するファイルコインマイニングマシンによって採掘されたFILトークンが配布されるため、取引所などの上場価格に左右されることなく準備することが可能です。そのため、Pocket Swap(ポケットスワップ)で流動性マイニングを開始した翌日から、報酬のFILを誰でも毎日、受け取ることが可能となります。

ロードマップ(予定)

  • 2021.2.1
    ・Pocket Swap(DEX)ベータ版開始
  • 2021.3.1
    ・Pocket Swap(DEX)取引開始
    ・ユーザー間取引開始
    ・PoolユーザーのFIL報酬計算開始
本記事はPR記事です。本ページは、購入催促やそれらを支持する記事ではありません。NEXTMONEYは、本記事におけるサービスや商品において、これらに関連して生じた損害や損失に対しては直接的、間接的を問わず責任を負わないものとします。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。