ビットコイン・仮想通貨ニュース速報

ビットコイン・仮想通貨の最新ニュースを分かりやすく解説!日々、ブロックチェーン業界の様々な動向をチェックし、最先端の話題として捉えながら、NEXTMONEYがこれまでの経験を駆使して仮想通貨・ブロックチェーンの全てをお伝えします。

ビットコイン・仮想通貨のニュース速報をお届け!!

2019
10月 2019

14日|仮想通貨GRAM発行予定のテレグラム、弁明機会として「10月24日」に公聴会を予定

大手メッセージアプリTelegram(テレグラム)が発行を予定する仮想通貨Gramは、米証券取引委員会(SEC)から命令されている抑制命令についてニューヨーク地方裁判所が、仮想通貨Gramを発行を予定するテレグラムへ、抑制命令に従う必要がない理由を弁明するチャンスとして、公聴会を行うことを決定したようだ。この公聴会は2019年10月24日に、ニューヨークで行われる予定である。

詳細:https://nextmoney.jp/?p=23028

10月 2019

14日|「2020年のビットコイン半減期は、上昇しない可能性がある」=最大手マイニング企業BITMAIN創設者

世界で最も有力なマイニング企業Bitmain(ビットメイン)の共同創設者であるJihan Wu(ジハン・ウー)氏は、同社共同主催のカンファレンスにて、「ビットコインが半分になった後、強気市場が訪れない可能性がある」と発言した。

詳細:https://nextmoney.jp/?p=23025

10月 2019

12日|Visa、Mastercardなど大手5社、フェイスブックの仮想通貨リブラから脱退濃厚

フェイスブック社が構想する仮想通貨リブラが、存続の危機に瀕している。現時点でパートナー企業として参加しているとされていたVisa(ビザ)、Mastercard(マスターカード)、eBay(イーベイ)、Stripe(ストライプ)、Mercado Pago(マーカドパゴ)の計5社が、仮想通貨リブラの発行および、運営を行うリブラ協会から脱退すると発表した。

詳細:https://nextmoney.jp/?p=23021

10月 2019

11日|ビットワイズ、ビットコインETF非承認に関するレポート公開

ビットワイズはSECによって承認拒否されたビットコインETFに関する、レポートを発表した。

詳細:https://nextmoney.jp/?p=22992

10月 2019

11日|イーサリアム開発者、dAppユーザー数を上回る

イーサリアムブロックチェーン上には現在、200,000人のアクティブな開発者が存在し、dApp(分散型アプリケーション)のユーザー数が約20,000人と、イーサリアムの開発者が強力な体制であることがEthereum1MillionDeveloperおよび、DappTotalの分析データによって示された。

10月 2019

11日|「テザー社は、不正利用の可能性がある「財務書類」を提出不要」 =NY裁判所がテザー裁判で決定的な判断を下す

一連の裁判として注目を集めているテザー裁判についてニューヨーク裁判所の判事は、テザー社およびBitfinexらが財務書類を提出する必要がないと判断を下した。さらに、テザー社がBitfinexへ資金を貸し出すことを禁止するという内容を承認したことが明らかになった。

詳細:https://nextmoney.jp/?p=22971

10月 2019

米CFTC議長、「仮想通貨イーサリアムは“証券”ではなく“商品”である」

米商品先物取引委員会(通称:CFTC)の議長であるHeath Tarbert氏は、仮想通貨イーサリアムについて、あくまで個人的な意見ではあるが「証券ではなく、商品である」と見解を示したことが明らかになった。

10月 2019

機関投資向けコインベースプロ 、iOS版モバイルアプリをリリース

米国最大の仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)のプロ仕様プラットフォームであるCoinbase Pro(コインベースプロ )は、スマートフォンの「iOS」バージョンに対応したモバイルアプリをリリースした。発表されらモバイルアプリは、100以上の国で利用可能であるが、日本は対象外となっている。

詳細:https://nextmoney.jp/?p=22948

10月 2019

マーケットレポート|BTCは一時的に8503ドル

仮想通貨取引所(ZB.com)の市場データによると、今日の19:00現在、BTCは一時的に8503ドル(+3.7%)、ZBポイントは一時的に0.30ドル(+ 0.4%)でした。CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)の合計デジタル通貨市場価値は2,291億ドルで、合計24時間の取引量は701億ドル・BTCの時価総額は67.1%のドミナンスです。仮想通貨全体のトップ100のうち、42が上昇し、58が下落しました。主流の通貨価格:ETHは188ドル(+3.0%)、XRPは0.26ドル(-4.3%)、EOSは3.0ドル(-4.7%)、LTCは57ドル(+ 0.3%)でした。24時間以内の中国通貨(ZB)の上位3つのデジタル通貨は、MCO(+59.0%)、PDX(+43.8%)、GRAM(+ 17.5%)でした。

10月 2019

取引所OKEx Korea、匿名仮想通貨ZcashとDashを再上場

仮想通貨取引所OKEx Koreaは、匿名通貨であるZcash(ジーキャッシュ)とDash(ダッシュ)を審査した結果、再上場させることを決定したようだ。この2通貨はAMLに関する国際ルールを定めるFAFTに抵触しているとして上場廃止していたが、上場廃止させた開発者側から反論があったため、復活したという。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。