ビットコイン・仮想通貨ニュース速報

ビットコイン・仮想通貨の最新ニュースを分かりやすく解説!日々、ブロックチェーン業界の様々な動向をチェックし、最先端の話題として捉えながら、NEXTMONEYがこれまでの経験を駆使して仮想通貨・ブロックチェーンの全てをお伝えします。

ビットコイン・仮想通貨のニュース速報をお届け!!

2019
11月 2019

1日|取引所コインチェック、仮想通貨XLM(ステラ)を上場 =国内初の取り扱い

国内大手仮想通貨取引所コインチェックは1日、仮想通貨Stellar Lumens(ステラ / XLM)を上場することを発表した。これによりコインチェックが取り扱う仮想通貨は計11種類となる。発表直後の仮想通貨XLMの価格は「7.40円」を記録。価格変動についても、わずか数分で7%近い上昇率を記録している。

詳細:https://nextmoney.jp/?p=23806

10月 2019

中国大手マイニングCanaan社、ナスダックにIPO申請

2013年に設立されたCanaanは、ブロックチェーンサーバー製造や、ASICマイクロプロセッサソリューションの設計における世界的なリーダーとして確約する中国の大手マイニング企業「Canaan社(Canaan Creativ)は、米国証券取引委員会(SEC)に対して株式公開(IPO)申請を提出した。希望している株式コードは「CAN」。最大時価総額として4億米ドルが目標になるようだ。

10月 2019

フェイスブックCEO、「米規制当局が承認するまで仮想通貨リブラの立ち上げに関与しない」

フェイスブックが構想する仮想通貨リブラについて、同社のCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏は、「米規制当局の承認があるまでフェイスブックは、世界各国の地域において仮想通貨リブラに関する支払いシステムのローンチに関与しない。」と見解を示していることが、公表された声明で明らかになった。

10月 2019

22日|Binance、韓国IT大手カカオ率いる「Klaytn」ネットワークへの参加を表明

22日、Binanceは「Klaytn統治協会(Klaytn Governance Council)」に参加を表明した。Klaytn(クレイトン)は、韓国のインターネット大手カカオが率いるブロックチェーンプロジェクトだ。Binanceを含む25のグローバル企業で構成される統治協会は、Klaytnネットワークのガバナンス、ノード運用、およびエコシステム拡大に向けて協力している。

10月 2019

22日|STOプラットフォーム提供のセキュリタイズ社、初の日本企業STOを発表

最近、サンタンデールイノベンチャーズ、三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)イノベーションパートナー、および野村ホールディングスから1,400万ドルの資金調達をしたSTOプラットフォームを提供するSecuritize社は、同プラットフォームを介して東京に本社を置く「リードリアルエステート社」のSTO実施を発表した。2003年に設立された同社は、Securitizeプラットフォームを使用して、銀座、新宿、渋谷、恵比寿、品川、目黒の今後の物件にデジタルトークンを発行する予定である。

10月 2019

22日|リップル社のCMが公開!|仮想通貨XRPは急上昇

リップル社は22日、同社のブランド認知キャンペーンとして世界2か国でCMを開始したことを発表した。リップル社の公式Twitterで報告されたCMは、仮想通貨XRPに関する内容は無いものの、発表直後にXRP価格は急激に上昇。3%近い上昇率を記録している。

詳細:https://nextmoney.jp/?p=23294

10月 2019

18日、バイナンス提供のレバレッジ取引倍率、「125倍」まで増加

世界最大の仮想通貨取引所バイナンスが提供する先物取引プラットフォーム「Binance Futures」にて、先物契約(BTC/ USDTペア)のレバレッジ倍率上限を「125倍」まで増加させたことが明らかになった

10月 2019

16日|Foxconn創設者、「台湾はフェイスブックの仮想通貨リブラを導入すべき」

台湾で最も裕福な男性であり、かつて大統領候補であったFoxconnの創設者Terry Gou(テリー・ゴウ)氏は昨今、世界各国から注目されているフェイスブックの仮想通貨リブラについて言及し、「台湾は、他の政府のような独自通貨を発行するのではなく、仮想通貨Libra(リブラ)を受け入れることによって、国際的な金融としての地位を高めることができる」とコメントした。

詳細:https://nextmoney.jp/?p=23120

10月 2019

16日|バイナンス先物の日次取引量、テザー建て7億ドルと過去最高記録を更新

世界最大の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が提供するビットコイン先物の日次取引量が、USDT(テザー)建てで、7億ドル以上になったことが、ブロックチェーン分析企業SkewのTwitter投稿によって明らかになった。

10月 2019

16日|ツイッターの「仮想通貨つぶやき」を利用した投資商品が誕生

ソーシャルトレードサービスを提供するプロジェクトeToro(イートロ)は、仮想通貨に関連するTwitter上での投稿心理を利用した投資商品を発表した。ブロックチェーン、仮想通貨の分析企業The Tieと提携して提供される投資商品は、「TheTIE-LongOnly CopyPortfolio」と呼ばれ、Twitterの心理的情報から、最適な仮想通貨をアドバイスするという。

詳細:https://nextmoney.jp/?p=23059

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。