ripple(リップル)について

ripple(リップル)の概要

ripple(リップル)は、仮想通貨から入るより会社から

理解を深めたほうがわかりやすいです。

rippleはアメリカにある「Ripple Labs,INC.」という会社です。

独自の決済・送金システムを提供しています。

国際的な決済をする際は、それぞれ現地通貨に変換して送金する

必要があります。しかし、その作業は手間がかかりメジャーでない通貨ほど

大変です。

rippleはそうした国際的な決済に共通の「通貨」を導入して

送金の簡略化を行っています。

この通貨が仮想通貨としてリップル(XRP)になるのです。

ripple(リップル)の特徴

ripple(リップル)の最大の特徴はIOUという仕組みです。

IOUは「ネットワーク間で貸借の付け替えができる借用書」と

理解するといいでしょう。例えばAさんがBさんに

一万円を借りていて、CさんがAさんに2万円を借りているとします。

この場合、BさんはAさんに対して1万円の返済を要求するのが

普通ですが、AさんはCさんに2万円貸しているので

CさんからBさんに対して返済させることができるのです。

リップルユーザー同士であれば、IOUによって支払いを

行えます。

ripple(リップル)を扱う取引所

ripple(リップル)を扱う取引所は

coincheck(コインチェック)、bitbank.cc(ビットバンク)、Mr.Ripple(ミスターリップル)

などがあります。

ripple(リップル)の今後

ripple(リップル)は他の仮想通貨とは仕組みが

結構異なります。まずは決済・送金システムとして

rippleを理解して、リップル(XRP)の取引を検討して

下さい。独自のリップルネットワークを構築しており、

大手の銀行などにrippleが採用されれば、

リップル(XRP)の価値も高まっていくことが予想されます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

PAGE TOP