NEM(ネム)の価格が高騰!〜値上がり要因のCOMSA(コンサ)について

ネム(NEM、通称XEM)が大きく値上がりしています。ティックビューロ(仮想通貨取引所Zaifの親会社)が発表した国内初のICO(未公開通貨の資金調達)のプラットホームである「COMSA(コンサ)」が注目を集めているのが原因と考えられています。このコムサではビットコインやイーサリアムだけでなく、ネム(NEM)も使って資金調達が可能で、今後将来的にもネムが使われる可能性が高まることになりそうです。このような要因でネムの価格が高騰!2017年5月に落ち込んでいた価格が一気に2倍に値上がりをしました。

国内初ICOを支援するCOMSA(コンサ)でNEM(ネム)が使われる!

上の図はコムサを使った取引イメージです。コンサの特徴は以下の通りです。※ICOは未公開仮想通貨の状態で資金調達を行うこと。

・資金調達のICOではビットコイン、イーサリム、ネムを使用。

・コンサでは独自の仮想通貨を発行できる。

・コンサのICOでの通貨発行はイーサリアムとネムを利用。

・法的根拠に基づき日本仮想通貨法に基づき金融庁の登録事業となる予定のZaif取引所が資金を管理する。

以上が特徴になります。

コンサ自身のICOを今年2017年10月に開始する予定であり、それ自身についても注目を集めています。国内のICOではこれまでで1番注目されるICOになるかもしれません。

またコンサはICOとしての機能も備えており、スタートアップ企業などが資金調達でコンサを使い仮想通貨資金を調達するなどの活用も考えられている。

つまりネムがさらに今後使われる可能性が高まる。そして価格高騰の要因になるのではないかと言われています。仮想通貨を使った資金調達は非常に効率的で次世代の資金調達方法として期待されています。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

PAGE TOP