Litecoin(ライトコイン)について

Litecoin(ライトコイン)の概要

Litecoin(ライトコイン)とは、2011年10月にソースコードの共有サービスである”Github”上で、

元Googleの社員であったCharles Lee(チャールズ・リー)さんという方によって

公開されたものです。ライトコインは数多くあるアルトコインの中でも

最初の方に作成された仮想通貨でBitcoin(ビットコイン)のプログラムコードに基づいて作られています。

表示される通貨名は(LTC)です。

Litecoin(ライトコイン)の特徴

1、ブロックチェーンが作られる時間

Bitcoin(ビットコイン)は、一つのブロックチェーンが作られるのに10分前後を要します。

このため、どれだけ素早く送金しようとしても、最低10分かかります。

一方、Litecoin(ライトコイン)は2分半で1つのブロックチェーンができるように計算されています。

まとめるとライトコインはビットコインの4倍速になります。

2、仮想通貨の総発行枚数

Bitcoin(ビットコイン)の総発行枚数は2,100万枚に設計されています。

ブロックチェーン作られるたびに、少しずつ総発行枚数が増えていく仕組みです。

Litecoin(ライトコイン)は、総発行枚数が4倍の8,400万枚に設計されています。

総発行枚数が多ければ、それだけ単位あたり(1ビットコイン、1ライトコイン)が下がっていきます。

なのでビットコインよりライトコインのほうが総発行枚数が多いということは

その分、ビットコインより価格が安いということになります。

Litecoin(ライトコイン)を扱う取引所

Litecoin(ライトコイン)は、世界中の多くの取引所で売買可能ですが、

日本で取り扱っている取引所が少ないです。

海外だとKraken(クラーケン)、Poloniex(ポロ二エックス)、OKcoin(オーケーコイン)、HitBTC(ヒットビーティーシー)など。

日本だとMr.Ripple(ミスターリップル)、Btcbox(ビートゥーシーボックス)などで

有力な取引所としてcoincheck(コインチェック)が検討できます。

Litecoin(ライトコイン)の今後

これから仮想通貨がもっと普及していく時代になると考えられるので、

時価総額ランキングが圧倒的に上位にあるライトコインは、

仮想通貨市場が伸びていけば自然と保有者や使われる機会が増えていくとも予想できます。

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

PAGE TOP