Gnosis(グノーシス)について

Gnosis(グノーシス)の概要

Gnosis(グノーシス)は、イーサリアムブロックチェーン上で

開発される分散型予測市場のプラットフォームです。

予測市場で最もわかりやすいのが賭けです。

選挙の結果予測やスポーツの試合の結果予測など

ブックメーカーがやっている領域になります。

分散型予測市場はブロックチェーンを活用することで

ブックメーカーのような胴元を介さずオッズや結果や配当を

すべて自動で実行できます。応用が期待されているのが保険です。

保険業界のビジネスモデル(保険料を納め、何もなければ保険料の返金はない、

何かあれば保険料が支払われる)は一種の賭けに近く、

分散型予測市場は保険業界のビジネスモデルを変える可能性が

あるとも言われています。

通貨名は(GNO)です。

Gnosis(グノーシス)の特徴

Gnosis(グノーシス)は、ICOの際に価格が段階的に

下がっていくという仕組みを採用しました。

通常、ICOは初期購入者ほど有利で段階的に価格が

上がっていきますが、この方法には初期購入者が殺到し

購入できる人が限られてしまうという問題があります。

つまりICOスタート時が最も高く不利になる内容です。

Gnosis(グノーシス)を扱う取引所

Gnosis(グノーシス)を扱っている取引所は

Poloniex(ポロニエックス)、Bittrex(ビットレックス)などです。

Gnosis(グノーシス)の今後

Gnosis(グノーシス)は分散型予測市場は将来性が

感じられるので、今後どのような展開を見せていくか注目です。

価格は順調に推移しており、時価総額は20~30位くらいです。

ただ、運営が保有している分を含めると4位になります。

このことが今後の価格にどのような影響を与えるか

わかりませんが、プラスにもマイナスにも

なりえるでしょう。

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

PAGE TOP