Ethereum(イーサリアム)について

Ethereum(イーサリアム)の概要

Ethereum(イーサリアム)は、2013年にロシア生まれのプログラマーVitalik Buterinによって発表された暗号通貨のひとつですが

広義的にはブロックチェーン上でスマートコントラクトを実現される分散型アプリケーション(DApps)を構築するプラットフォームのことをさします。

時価総額でビットコインに次ぐ2位をずっと維持しているのがEthereum(エーサリアム)です。

表示される通貨名は(ETH)です。

Ethereum(イーサリアム)の特徴

Ethereum(イーサリアム)はビットコインと同様にブロックチェーン技術を使っていますが、

さらに機能を拡張している点が特徴です。中でもEthereumを象徴する機能と言えば「スマートコントラクト」で

直訳すると「賢い契約」という意味になりますが、取引に行われる契約を自動的にブロックチェーン上に残すことを言います。

ビットコインでは取引記録がブロックチェーン上に残っていますが、Ethereumは加えて契約内容まで残せるということです。

Ethereum(イーサリアム)の扱う取引所

Ethereum(エーサリアム)は第2の仮想通貨だけあって、扱う取引所が多いです。

日本で代表的なのは、bitFlyer(ビットフライヤー)、coincheck(コインチェック)、BITPoint(ビットポイント)、Quoine(コイン)などです。

海外で代表的なのは、Kraken(クラーケン)、Poloniex(ポロ二エックス)などの取引所で売買ができます。

Ethereum(イーサリアム)の今後

Etereum(イーサリアム)は、ビットコイン同様に、価格の推移は激しいですが、

着実に上昇していっています。まだビットコインに比べて伸びしろがあるので、

購入するなら今がチャンスなのかもしれません。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

PAGE TOP