ユーザー間で仮想通貨の直接取引が出来るサイト「Local Bitcoins」の取引量が、ベネズエラで急増

14日、著書「ブロックチェーンレボリューション」の作家であり、ブロックチェーン投資会社のCEOアレックス・タプスコット氏が自身のTwitterで、Local bitcoinsのビットコイン取引量がベネズエラで急増しているとTweetした。

「Local bitcoins.com」は、中央集権型の仮想通貨取引所とは異なり、ユーザー同士の直接取引が可能な非中央集権化された取引サイトである。
異なる国のユーザーが自国通貨とビットコインを交換できる、いわばOTC(相対取引)サイトだ。

今年はじめ、ベネズエラ政府は「Petro(ペトロ)」という国の独自通貨を発行し、ICO初日でおよそ7億3500万ドルを調達した。
さらに先週、ベネズエラのマドゥロ大統領はハイパーインフレ対策手段として、以前の法定通貨「ボリバル・フエルテ」から0を5つ減らした新通貨「ボリバル・ソベラノ」と仮想通貨ペトロを結びつける計画を発表した。

タプスコット氏は以下のように述べている。

ベネズエラ国民の法定通貨への信頼は崩壊しており、BTCに行き着くのは自然な流れと言える。

同様に通貨危機を抱えているアルゼンチンのビットコイン取引量も急騰している。

BTCが南米を救う?アルゼンチンの仮想通貨専門家が見解を発表

2018.09.13

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。