仮想通貨取引所OKExの共同創設者、詐欺コインに関与したとして拘留|公式・本人は完全否定

中国の大手仮想通貨取引所OKEx(OKCoin)の共同創設者であるStar Wu氏が11日、上海公安局にデジタル通貨詐欺の疑いで拘留されたことが明らかになりました。

Star Wu氏は現在、上海濰坊新村警察署に拘留されており、詐欺疑惑への参加の証拠が不十分であれば24時間以内に解放されるとのことである。

今回のStar Wu氏の拘留までの経緯は、暗号通貨の詐欺通貨とされているWFEEコインのプロジェクトに関して同氏が関わっているのではないかとして現在取り調べを受けている。また、それらの詐欺の疑いに対しての証拠が見つかった場合、拘置所へ移送されるとのことだ。

WFEEコインは、仮想通貨の資金調達方法であるICO(イニシャルコインオファリング)後、WFEEコインを購入したユーザーの多くからクレームが殺到。それに対して上海当局がこれらに対する捜査を開始した。WFEEコインはすでにOKExに上場しており、何らかの関係性があることに大きな疑いが向けられている。

しかし現在、これらの情報の出どころが不特定のSNSでの拡散となっており、今回、拘留されているStar Wu氏本人は動画内で「自ら通報した」と述べ、OKEx広報部も公式発表の回答にてこれらを否定していることから、フェイ区ニュースの可能性が高いとの見解もある。

ですが、OKExは24時間にわたり取引量が3%減少しており、世界で取引高2位に位置する取引所OKExがダメージを受けたことは事実である。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。