リップル(XRP)とR3の訴訟問題が和解でおわる

10日、XRP II、LLCとRipple Labs Inc.はR3 HoldingCo LLC、R3 LLCとの未解決の訴訟問題が和解で終わったと伝えた。

この合意の内容は機密であり、発表されていない。

Ripple Labs Inc., provider of the leading enterprise blockchain solutions for payments and XRP II, LLC, release the following statement today:

R3 HoldCo LLC, R3 LLC, Ripple Labs Inc. and XRP II, LLC announce that they have reached a settlement of all outstanding litigation between the parties. The terms of the agreement will remain confidential and both sides look forward to putting these disputes behind them.

 

2017年9月からリップルラボとコンソーシアムR3の間で始まり、デラウェア州とニューヨーク州の裁判所にリップルラボを相手取って裁判が始まった。リップル社はR3と事前にXRPの事前販売に対する契約をしていたが、R3側が違反をしているということでこの問題につながった。

契約によるとR3は2019年末までに0.0085ドルで1XRPを取得できるということになっていた。しかし、上記の通りR3が契約を違反したとリップル側が述べたのだ。

仮に契約通りに契約が進んでいれば、かなりの金額をXRP側が支払わないといけないことになり、これにR3側が納得できずに訴訟を起こした。

リップルラボ側のR3の契約違反に対して、カリフォルニアで訴訟をしている。この両者間の訴訟争いにかなり注目が集まっていたが、内容は機密のまま和解に終わった。

どちらもSBIに出資を受けている点では、我々も意識してしまう。

XRPとリップルに関しては、他にも様々な問題があるので、今後も注目していきたい。