Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)について

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)の概要

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)とは、イーサリアムから分裂して登場した暗号通貨です。

生まれた契機は、推定約65億円相当の資産がハッカーに盗まれた歴史的事件を受け、

不正移動をなかったことにするハードフォークを行なったイーサリアム・プロジェクトに

早くも競合が現れたのがイーサリアムクラシックです。

イーサリアムクラシックは現在も活発に取引されているだけではなく、

2017年2月にはイーサリアムクラシックを用いたハッカソンが開催されるなど、

独自の発展を遂げている過程であるとも考えられる。

表示される通貨名は(ETC)です。

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)の特徴

ハードフォークが実行された以降、Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)はイーサリアムとは別のブロックチェーンに

記録されています。しかし両者は元々一つの暗号通貨なので、

スマートコントラクトなどの基本的な機能は同一であり、両者に大きな差異はありません。

新たな暗号通貨でありながらハードフォーク後には、大手取引所がイーサリアムクラシックに

対応し取引環境も比較的早く整いました。

デメリットとしては、Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)はイーサリアムとの差異が

小さい以上、イーサリアムの価格変動の影響を受けたり、逆にイーサリアムの価格に

影響を与える傾向があります。

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)の扱う取引所

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)を売買できるのは、

大手取引所で言うならばcoincheck(コインチェック)、Poloniex(ポロ二エックス)、Kraken(クラーケン)などなどで

取引が可能です。

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)の今後

元々Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)の公開時にはすぐに消えるとの声が多数でした。

しかし世界最大規模の取引所「Poloniex」がイーサリアムクラシックを

取り扱ったことで流れは大きく変わります。

ハードフォーク以前のイーサリアムが取引可能になり、2016年11月には中国の大手取引所「BTCC」も

イーサリアムクラシックの支持を表明しています。

これらの動きをみればイーサリアムクラシックはまだまだ伸びる余地はあると思います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)