ロンドン警察がマネーロンダリング対策の為、仮想通貨訓練を導入

ロンドン市の警察が、マネーロンダリング対策や仮想通貨関連の犯罪に取り組むため、仮想通貨訓練を導入する予定である。
前例のない、新たな技術である仮想通貨技術に対処する準備が出来ていない、という懸念が高まってきている中での対応だ。

この取組みは、警察の経済犯罪アカデミーの一環として8月に試験的に導入される予定だ。

ロンドン市警察の広報担当は、警官が仮想通貨に対する訓練を受ける重要性が増してきているとし、

この取り組みは、暗号通貨に関するスキルと知識を提供するよう設計されています。
はじめての試みとなり、地域に十分な訓練システムがないと感じた全国の警察からの意見に応え開発されました。

現在、マネーロンダリングや仮想通貨関連の犯罪は世界中で行われている。
米サイバーセキュリティ会社のCipherTraceの調査では、仮想通貨の盗難事件が2018年前半には2017年から3倍以上になっており、今年最も増加した犯罪の一つとなっている。

ロンドン市はサイバー犯罪などに特化した「サイバー裁判所」を計画しているなど、現代の新たな犯罪に対抗するため積極的に取り組んでいる。

運営の見解

運営の椎木
仮想通貨を通してのマネーロンダリングは、送金のスピードやまだ規制が整ってない国が多いので詐欺集団にとっては絶好の市場になっています。

ユーザー側も対策をしないといけないですが、警察がこのような取り組みをしてくれるのは良いことだと思います。早めのルールー化が必要ですね。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。