【コラム】仮想通貨元年

仮想通貨元年

Happy Newyear 明けましておめでとうございます。

2017年はまさに『仮想通貨元年』と呼ばれるに相応しい発展と成長を遂げました。

そして2018年最初のコラムということで、2017年を振り返りながら今年の予測を考察しました︎。2018年も仮想通貨を楽しんでいきましょう。

ビットコイン、世界基軸へ

2017新語・流行語大賞の7位に”仮想通貨”がランクインしたり、メディアなどでも取り上げられることが増え、日本だけでなく世界から注目を集め続けた1年になりました。

今年の新語ランキング7位に仮想通貨がランクインしました!

※六本木ヒルズにCoinCheckの巨大看板

特筆すべきは以前コラムでもお伝えしましたが、アメリカドル、ユーロ、日本円などに続き世界の通貨の中で5位以内にランクインしました。まさに『世界の基軸通貨』とも呼べる存在になったことは間違いありません。

2018年はアメリカドルを追い抜き、本当の意味で世界基軸へなるかも知れません。

各国政府への信用を価値の源泉とする法定通貨vsブロックチェーンを源泉とする信用の必要ないビットコインの戦いは幕を切って落とされました。

2018年のビットコインの注目すべき点は以下の2点です。

  1. ETF承認
  2. スケーラビリティ問題をどう解決するか

ETF承認というのは、去年末にかけてCMEなどの先物取引が始まったように金融商品として正式に認可されることを意味します。

先物取引が始まったことによってETF承認にグッと近づいたことは明白で、実際に承認されることになればビットコインの価格は今とは比べものにならない領域に達します。

2017年は比較的、個人投資家がこぞって参入を始めた1年とも言えます。

2018年はその個人投資家を食わんとばかりに大口投資家や、機関投資家の参入が活発になるでしょう。そういう意味では「あの時買っておけばよかった」という後悔だけはしたくありませんね。

そんなビットコインですが、もちろん良いことばかりではありません。

それは「スケーラビリティ問題」です。

ブロックチェーンの構造上、参加者が増えてブロックチェーンネットワークが拡大するほど、送金遅延、手数料増加、処理速度の低下などのスケーラビリティ問題を引き起こします。

年末のビットコインの送金が遅れていたり、送金手数料が高いなどは実際に体験された方は多いかと思います。

Ethereumの開発者である Vitalik氏は「分散化、安全性、スケーラビリティの3つを同時に満たしていくのは難しい。なぜならこれらは互いに競合するから。」と発言しているように、ブロックチェーンの分散化と安全性を保ちながら、スケールを拡大させていくには様々な工夫が必要であり、開発、導入が進められています。

一般的にブロックチェーンのスケーラビリティ問題と聞くと、ブロックサイズに対するトランザクションの過多をイメージするはずです。

雨量(トランザクション)が大幅に増えて、川(ブロックチェーン)が氾濫してしまうようなイメージです。

これを解消するために、単純にブロックサイズを大きくしたりブロック生成スピードを速くすると、セキュリティ面などで大きな問題が生じるため慎重に解決策を開発していく必要があります。

この問題を解決する為の具体策として、このようなシステムなどが挙げられます。

  • Segwit
  • ブロックサイズの拡大
  • Lightning Network
  • サイドチェーン
  • シュノア署名
  • MAST

Segwitはソフトフォークで既に導入されていて、既存の1MBであったブロックサイズが2MBに拡張されています。

他にもブロックサイズの拡大という点では2017年8月に誕生したビットコインキャッシュ(以下:BCH)などが代表例です。

BCHはブロックサイズが8MBと拡大され、ビットコインに比べ送金手数料の軽減や、送金スピードが速くなるなど利点はありますが、ブロックサイズの拡大によるセキュリティの問題、ネットワークの集中化、マイニングプールの寡占化など負の面もちらほら。

サイドチェーンで代表されるのはリスク(以下:LISK)です。

ビットコインのブロックチェーンに「スマートコントラクト用のサイドチェーン」「マイクロペイメント用のサイドチェーン」「研究開発用のサイドチェーン」などのサイドチェーンを追加していくことでブロックチェーン自体の機能を拡張していくことを目指しています。

従来でも、一方向(メインチェーン→サイドチェーン)だけの送金であれば実現していますが双方向(Two-way Peg)でのやり取りを実現するためにはさまざまな工夫が必要になります。

などなど、挙げるとキリがありませんが、

これらのビットコインのスケーラビリティ問題を解決する為にアルトコインの存在があるのです。

ビットコインは「2140年」までマイニングされ続け、完成へと徐々に向かっていきます。

まずはビットコインのことを知り、どの様な利点や問題点があるのかを把握した上で、どんなアルトコインが必要とされるか考え抜いて仮想通貨と向き合ってみてください。

儲けのためではなく、技術の面白さに惹かれて仮想通貨とマイニングの世界に足を踏み入れた初心を思い出しましょう。

アルトコイン to the moon

2017年は仮想通貨ユーザーの増加と共に、前述のビットコインのスケーラビリティ問題が明白化したことで、アルトコインへも注目が集まりました。

記憶に新しいのは5月に起きた”アルトコイン祭り”。ここから急激にユーザーが増加していった様に思います。

実際にそれらの過熱からこの『Nextmoney』を立ち上げ、コラムを書かせていただく様になりました。

しかし、フィーバータイムの熱が冷めた6月以降、”アルトコイン、冬の時代”が到来。

BTC建で見ると、ほぼ全てのアルトコインが壊滅的な状態になりました。6月はICO(仮想通貨での資金調達)が注目されるも、成功と呼べるのは一握り。まさに新規ユーザーへの洗礼と言わんばかりの冷え込みでした。

その後9月には中国での仮想通貨規制や、JPモルガンCEO ダイモン氏の「ビットコインは詐欺だ」発言などもあり、行く末を心配する声も多くありました。

しかし、年末にはビットコインが過去最高値の$2000を突破し、下落し始めたところからアルトコインの逆襲が始まりました。

国内最大手取引所CoinCheck銘柄は軒並み高騰し続けました。

(2017年12月15日/昨年12月15日の始値)
$XEM 148.8倍
$XRP 310倍
$DASH 91.6倍
$ETH 85.3倍
$LSK 74.1倍
$LTC 71.3倍
$XMR 37.1倍
$ETC 28.4倍
$BTC 20.6倍
$FCT 12.9倍
$REP 11.3倍
$ZEC 11.1倍
$BCH 6.8倍

中でも『Nextmoney』連載当初から取り上げているRipple(以下:XRP)が異次元の高騰を魅せ、(最高値400円を記録)

まさに XRP to the moon と言わんばかりに、年末の相場を席巻しました。

コラムでもお伝えしている通り、ビットコインのスケーラビリティ問題である”送金遅延”を打開する選択肢としてXRPが選ばれた結果になりました。

リップラーとして仮想通貨の世界へ入った者として、2014年から(当時0.4〜5円)保有し続けているXRPが認められたことはとても感慨深い思いがあります。

他にも国内取引所では扱われていない、マイナー(時価総額の低い)な銘柄にもスポットが当てられ、『Nextmoney』でも紹介させていただく機会が増えました。

特筆すべきはやはりVerge(以下:XVG)ですね。

12月7日に『Nextmoney』、『Podcast 仮想通貨ニュース』で取り上げてから約40倍の上昇。年間で見ると約1900倍の上昇を見せました。

個人的には2017年仮想通貨年間大賞は『XRP』、運営特別賞は『XVG』です。

ビットコインが『仮想通貨の王様』であることは間違いありませんが、ボラティリティという点から様々なアルトコインのことも『Nextmoney』でお伝えしていきます。

2018年の仮想通貨年間大賞はどれなのか。昨年と比べ、規制や法律、税制度などが明確になると考えると、アルトコイン選びはより一層慎重な見極めが必要です。

実際の取引も含めて、こういった予想が仮想通貨の醍醐味の一つですね。

仮想通貨は走り出したばかり

「仮想通貨はバブルである」このようなフレーズを巷でよく耳にします。

仮想通貨へ投資し、仮想通貨事業に携わりながら、独自のスタイルで勉強しながら仮想通貨と向き合ってきましたが、2017年から様々な媒体を通して意見を交換させていただく機会が増えました。

なかでも、「仮想通貨はいつまで続くの?」と聞かれることが多くありました。

ハッキリ言ってしまうと、分かる訳ありません。

元より私が仮想通貨へ投資した理由は、資本主義の生い立ちや、経済の仕組みを勉強する中で「これから仮想通貨の時代が来る」と考えたからです。

ですが、2017年に参入した方の話を聞くと、「儲かりそうだから」の意見が圧倒的。ということは”バブル”であることは間違いないと見ています。

”バブル”はいつか弾ける、それはまさに歴史が物語っています。しかし、既に過去の”バブル”と呼ばれた前例を上回っており、まさに今が歴史上最大のバブルの真っ只中です。

となればどこまで続くのかは誰にも分かりません。

ただ、誰にも分からないということを前提に『Nextmoney』なりの見解を述べさせていただきます。

データとして、重要視している点は『イノベーター理論』です。

『イノベーター理論』とは1962年に米・スタンフォード大学の社会学者、エベレット・M・ロジャース教授(Everett M. Rogers)が提唱したイノベーション普及に関する理論で、商品購入の態度を新商品購入の早い順に五つに分類したものです。
1. イノベーター(Innovators:革新者):
冒険心にあふれ、新しいものを進んで採用する人。市場全体の2.5%。
2. アーリーアダプター(Early Adopters:初期採用者):
流行に敏感で、情報収集を自ら行い、判断する人。他の消費層への影響力が大きく、オピニオンリーダーとも呼ばれる。市場全体の13.5%。
3. アーリーマジョリティ(Early Majority:前期追随者):
比較的慎重派な人。平均より早くに新しいものを取り入れる。ブリッジピープルとも呼ばれる。市場全体の34.0%。
4. レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随者):
比較的懐疑的な人。周囲の大多数が試している場面を見てから同じ選択をする。フォロワーズとも呼ばれる。市場全体の34.0%。
5. ラガード(Laggards:遅滞者):
最も保守的な人。流行や世の中の動きに関心が薄い。イノベーションが伝統になるまで採用しない。伝統主義者とも訳される。市場全体の16.0%。

『イノベーター理論』の分類の中で、イノベーターは少人数であり、重視するポイントが商品の新しさそのもので、商品のベネフィットにあまり注目していません。

一方、アーリーアダプターは新しいベネフィットに注目していて、他の消費者への影響力が大きいことから、新しいベネフィットを自らのネットワークを通じて伝えてくれます。イノベーターとアーリーアダプターは合わせても市場全体の16%しかありませんが、この2者まで普及するかどうかが次のアーリーマジョリティ、レイトマジョリティに広がるかどうかの分岐点になります。

このことから、ロジャース教授はアーリーアダプターを重視し、「普及率16%の論理」として提唱しています。

そしてこの理論に照らし合わせるデータとして、日本人が仮想通貨を始める際に必ず取引所「bitflyer」での口座開設を行うと仮定し、12/8に登録者が100万人を突破したので、日本の総人口を1億人とすると約10%の普及率。

つまり現在の仮想通貨市場は『アーリーアダプター層』に該当します。

普及率が16%を抜けると『アーリーマジョリティ層』に突入します。実はそこからが本当の意味での”バブル”なのです。

※画像は参考です。

 

この理論が正しいかどうかに関係なく、刻一刻とチャンスは無くなっていきます。

動くなら”今”

田舎の祖父母が仮想通貨を始めたら、そこが幕切れかも知れません。歴史上最大のマネーゲームに立ち会えて、この時代に生まれて、本当によかったと思います。

億り人から自由億へ

2017年は様々な『仮想通貨用語』が誕生しました。

何度か分からないとご指摘をいただきましたが、敢えて仮想通貨を専門としておりますので、表現は崩さずに書く姿勢を貫きます。近々、仮想通貨用語集を書きますので、乞うご期待。徐々に慣れてください。

今回取り上げるのは『億り人』

仮想通貨資産が1億円を超えた人を意味します。

市場自体が未成熟であり、2017年前半までは仮想通貨に対する印象が非常に悪かった様に思います。そんな市場に対しての投資ですので、余剰資金で行うパターンが多く、少ない投資額から”億越え”を果たした例が多発しました。

運営にも大勢の方から「億り人になりました」との報告を受け、大変嬉しく思うと共に、コラムを書いたりラジオを始めて良かったなと感じております。

『億り人』と聞くと、高い壁の様に感じますが、仮想通貨のボラティリティ(値動きの幅)から考えるとさして難しいことではありません。

では『億り人』になるにはどうすれば良いか。

仮想通貨市場での戦い方は大きく分けて2つあります。

1つは特定の銘柄を絞って”ガチホ”すること。

2017年の億り人大量発生のパターンは、数年前に買っておいた銘柄が爆上げしたという例です。私もその1人であり、”ガチホ”のメリットは、何もすることなく持っておくだけで爆益をあげる可能性があることです。

逆に言えば、荒れ狂う仮想通貨市場の中で柔軟な対応が出来ない為、いざという時に逃げ遅れます。

2つ目は、”トレード”です。

アルトコイン祭り待ちの”ガチホ”に比べ、爆益をあげる可能性は低くなりますが、いざという時に素早く対応することが出来ます。

仮想通貨市場は、どこまで続くか分かりません。いつ崩壊してもおかしくありません。

例えば、ビットコインのブロックチェーンがハッキングされる様なことがあれば一瞬にして価値は無くなってしまうでしょう。

戦い方は、どちらが正しいという結論は出すことは出来ません。ポートフォリオを組む際に、どちらの要素も孕ませて対策を講じていく必要がありますね。

そして、仮想通貨は資金が0からでも参入可能なことも一つの魅力です。

『Nextmoney』では、様々な企画を考えています。

  • 仮想通貨プレゼント企画
  • Line@紹介キャンペーン

他にも各取引所では紹介リンクからアフィリエイト報酬も受け取ることが出来ます。『Nextmoney』も6月スタート時点で”0円”から現在は”1億円”を突破しました。

『仮想通貨で0→1億』というコラムを近日公開します。乞うご期待。

そして既に『億り人』に到達した人は、次のステージである『自由億(仮想通貨資産10億越え)』を目指しましょう。

勝負はまだ始まったばかりです。

2018年の仮想通貨マーケット

ここまで2017年の仮想通貨マーケットを振り返ってきましたが、2018年は一体どうなるのか。

現時点で考えうる展望を考察していこうと思います。まずは前述の通り、ビットコインのスケーラビリティ問題や、法律、規制、税制度などが注目すべき点になります。

ビットコインのスケーラビリティ問題に関しては、8月に誕生し、覇権争いを繰り広げるも、もう一歩伸び切らない『BCH』の動向も気になりますが、これはビットコイン自身の成長に期待しています。

Segwit導入後、取り糺された”Segwit2X”が導入されるのがいつなのか。

そしてLightning Network導入まで実現すれば多くのアルトコインが淘汰され、再び冬の時代へと突入するでしょう。

逆に言えばこれらの導入が遅れれば、チャンスはまだまだあります。

例として
・BCH(メガブロック、BTCの性能を圧倒)
・XRP(国際送金テスト開始、送金遅延回避策)
・LTC(BCHよりも性能、歴史という点で格上)
・IOTA(ブロックチェーンの技術面を凌駕する”DAG”の本家)

これらは既に『Nextmoney』では幾度となく取り上げております。

他には規制が緩くなる動きが垣間見える”中国系コイン”。年末に取引高世界一になるなど注目される取引所『Binance』は中国系(香港)の取引所で、今、最も熱い取引所とも言えます。

”注目の銘柄”
・NEO
(中国版ETHとも呼ばれるプラットフォームを持つコイン、政府と連携したプロジェクトも期待される)
・BNB
(バイナンストークン、BNBを使うことによってBinanceでの取引手数料を半分に出来る。Binanceの取引高が伸びる毎に高騰する特徴がある。)
・QTUM
(NEOと並び、中華兄弟と呼ばれる。量子耐性という点で他を圧倒している。韓国最大手取引所Bithumbにも上場。)

9月以降、勢いを失った中国系コインが息を吹き返す日はそう遠くありません。

他には税制度対策として匿名性を持つコインが注目されるでしょう。
・XMR
(匿名3兄弟の長男。coincheckが金融庁に登録されホワイトリスト入りを期待。)
・DASH
(匿名性3兄弟の次男。ジンバブエの基軸通貨になるかも知れない。)
・ZEC
(匿名性3兄弟の末っ子。軒並み高騰したcoincheck銘柄の中で最も伸びておらず、伸び代がある。)
・XVG
(2017年1900倍の高騰を記録。匿名かどうかを選択することが可能。)

2018年期待のプロジェクトとしては、
・プラットフォーム系
(ETH.NEO.XEM.MOMAなど)
・DEX(分散型取引所)系
(ZRX.KNCなど)
・金融系
(ETHLendなど)
・サービス(決済)系
(OMG.GNOなど)

この中から10倍以上になる銘柄が出るといいですね。まとめきれないので近々コラムで分類して特集していきます。

2018年も独自の観点から、ICOやボラティリティの期待できる銘柄をリサーチしていきます。

是非、参考にしてみてください。

運営よりご挨拶

昨年6月から始まったこの『Nextmoney』も早半年、登録者も1300人を超え、大変光栄に感じると共に、責任感も芽生えてまいりました。

併設した『Podcast 仮想通貨ニュース』もビジネスカテゴリ4位、投資カテゴリ2位にランクインするなど多くの方に聴いていただき、感謝しております。

そして7月より発足した会員限定コミニティ『INFOREX』も右肩上がりで情報の量、質、精度が向上しつつあり、活発になってきました。

2018年はオリジナルトークンの発行、Meetupの開催、ICOの実施など多くのイベントを企画しています。

より仮想通貨について知りたい、より鮮度の良い情報が欲しい、より仮想通貨を楽しみたいという方にはうってつけのコミニティです。

受付は1/5〜から再開しますので、興味のある方は是非、お問い合わせください。

2017年は仮想通貨に狂喜乱舞、阿鼻叫喚し続ける1年になりました。2018年はさらに面白くなります。

この時代に産まれたことに、感謝し、清く、正しく、仮想通貨に向き合っていきたいと思います。

未来を予言することは難しいですが、未来を創ることは出来ると信じています。

今後とも『Nextmoney』『Podcast 仮想通貨ニュース』『INFOREX』を通して独自の観点から分析した仮想通貨情報を、不定期で配信していきます。

今年もよろしくお願い致します。

The following two tabs change content below.