Circle創業者「仮想通貨市場の去年の盛り上がりの要因はイーサリアム」

Circle創業者「仮想通貨市場の去年の盛り上がりの要因はイーサリアム」

米ゴールドマン・サックスなどが出資しているベンチャー企業「Circle(サークル)」の創業者であるジェレミー・アレールCEOは18日、2017年の仮想通貨の市場が上昇した理由として、イーサリアム(ETH)のdApps(分散型アプリケーション)によりアプリを開発する環境として浸透したからだという意見を述べました 。

アレール氏は、CNBCのインタビューに対して「ブロックチェーンと仮想通貨は近い未来、インターネットの普及のように発展するかもしれない」という意見を述べ、「イーサリアムの影響が去年の仮想通貨市場を拡大させた。」と指摘し、ICO(イニシャルコインオファリング)が市場に拡大した理由はイーサリアムの影響が大きく、また、イーサリアムが盛り上がったことでEOS(イオス)、NEO(ネオ)、ADA(エイダ)などの様々な仮想通貨プラットフォームが出現していると述べました。

さらに、アレールCEOはイーサリアムについて次のように述べています。

「新たなトークンも発行可能になるのに加え、契約の自動化が可能なスマートコントラクトを使えば金融に関係する契約もできるようになる。イーサリアム関係の活動する開発者の数はかなり多い」

世界60ヶ国26,000人のコンサルタントを持つコンサルティング企業「PwC」とスイスを拠点とするブロックチェーンコンソーシアム「クリプトバレー協会」が共同で発表した報告によると、今年1月~5月のICOの調達額は、現時点で去年の全体の約2倍に上るといいます。

サークルは今年夏、米ドルの価格と通貨「USDC(サークルUSDコイン)」の開発に取り掛かると発表し、注目が集まっています。

運営の見解

運営の椎木
今年はEOSの年になりそうですね。dApssの開発もうそうですが、それにETHがどういうスタンスでくるのかが見ものです。ビットコインの開発も進んでいますが、実需ベースでいくとEOSvsETHの構図をどのように紐解くかによって今年の下半期から来年の上半期までの流れがわかると思います。
The following two tabs change content below.
キクリン

キクリン

2017年9月に仮想通貨取引を始める / フリーライター / 都内在住 / 仮想通貨・ブロックチェーンの奥深さを知り、現在は仮想通貨の気になるニュースを報道中。