【コラム】Made in Japan

 

世界的大手シカゴオプション取引所、通称Cboeが先物上場を発表した「CME」の12月18日よりも早い12月10日に先物取引をローンチすることを発表*\(^o^)/*

 

ビットコインのプラス材料がどんどん増えています✨✨

価格は130万円前後でヨコヨコ!!

先物上場が控える週明けに向けて、どう価格に影響していくのかが気になるところです

そして今回は、Twitter検索ワードランキングで11まで上昇!!
話題筆頭の『モナコイン』について(*゚∀゚*)✨

モナコイン飛躍の裏側を紐解いていきましょう*\(^o^)/*

モナコインとは

モナコインについてはNextmoneyホームページでまとめています。

「モナコインとは」
モナコインは、掲示板サイト2chでお馴染みのアスキーアート『モナー』をモチーフに作られた”日本初”の仮想通貨です。

モナコインのメリットは大きく分けて3つ。

・ツイートするだけで、送金できる(tipmona)

・個人情報を開示せずに送金ができ、匿名性が高い

・用途が豊富

”tipmona”とはTwitter上で、登録せずにモナコインを送ることができるシステムです。

tipmonaは、モナコインちゃんbot(@tipmona)が管理しています。

送金、入金、残高確認がモナコインちゃんとのツイートのやりとりで出来ます✨

国産コインの台頭

モナコインは2chから生まれたこともあって、一部のネット民に愛されるネタコイン的な扱いを受けてきました。(一個人の見解です。笑)

実際にオタクの聖地”秋葉原”の一部店舗で決済として使えたり、前述のtipmonaの様な投げ銭機能も充実しています。

そんな異彩を放つモナコインですが、2017年10月中旬から一気に高騰中❗️

10月初旬に”bitflyer”に上場したことを皮切りに、10月後半には韓国取引所「UPbit」や、中国取引所「exx.com」にも上場、モナコイン秋葉原ジャックイベントも実施され、話題を呼びました╰(*´︶`*)╯

僕も偶然ですが、10月にパソコンを買おうと秋葉原に立ち寄った際に、秋葉原ジャックイベントを見ることができました

巨大な電光掲示板で宣伝されているモナコインを見て、凄く愛されてることは分かりましたが、全く興味が無かったので、スルーしてしまいました。笑

そして12月に入り、bitflyerのアメリカ取引所でモナコインの取り扱いを開始することへの期待上げや、某有名株式投資家のモナコインを購入したというツイートがあったりと、非常に盛り上がっています。

2017年1月1日時点では、2円前後を推移していましたが、本日12月5日、なんと1000円を超えました

ここ2ヶ月足らずで10倍になっています

そして現在も高騰中のモナコイン、その背中を追いかける様に国産コイン『BitZeny(ZNY)』が高騰中❗️

「BitZenyとは」

BitZenyは”第二のモナコイン”とも呼ばれ、注目されています。
特徴は、モナコインと同様の機能が拡充されていることや、マイニングが比較的簡単であること。

二世タレント感は否めませんが。笑

現在も高騰中ですが、「C-CEX」で取引されていて、今後国内の取引所に上場すればかなり期待できますね

モナコインは手数料の安いZaifでの取引をオススメします*\(^o^)/*
「Zaif登録はこちら」

高騰した本当の理由

ビットコインが”スケーラビリティ問題”で揺れる中、ユーザーが楽しみながら利用を広げてきたモナコイン。

高騰の理由には『コミニティ』の存在がありました。

今、時価総額が高いコインの中では、例えばビットコイン、ライトコイン、イーサリアムなどに、『草の根』とも言えるコミニティが存在しています。

これらの成長には、デベロッパーやマイナーだけでなく、沢山の人が、システムを作り、そのシステムに参加してきました。

一部の有力な人だけではなく、大勢の人の手によって作り上げられてきた歴史。

これこそが本当の意味での仮想通貨と呼べるのではないでしょうか^ ^

難しい技術のことや、アプリケーションを開発する人だけでなく、

・そのコインを使いたいと声を上げること
・アイデアを出してみること
・アイデアを実行すること
・Twitterなどで気軽にチップを投げたりすること
・批判も含めて議論すること
・アプリケーションを作ってる人に寄付をしてみること

など、他にも出来ることは沢山あると思います
ビットコインもまだまだ多くの問題を抱えていますが、これらのコミニティ活動が発展を支えている、まさに『草の根』の存在が必要不可欠なのです(^-^)

コミニティのあるべき姿

それぞれの仮想通貨に対して、ポジショントークしかないよりも、批判に向き合うコミニティである方が、健全でありますし、例えばビットコインは常に批判され続け、成長してきました。

これは森羅万象、全てに言えることだと思います

コミニティで指摘や、議論が巻き起こり、どうしても方向性が合わなければ、フォークをして別々の道を歩めるのも仮想通貨の特徴。

成長していく環境、コミニティが存在するということは、ユーザーはファンとして、その仮想通貨を応援しています。

モナコインを見ていれば分かりますが、なにかイベントがあれば、盛り上がりますし、その輪を広げながら、利用できるスペースも広げながら、価格も上がっていく。

これが理想なんじゃないかなと思います^ ^

コミニティに参加するメリット

仮想通貨に投資する上で、技術的なポテンシャルも重要な判断基準です。

これは意外と分かっていない人が多い印象です。

『なんとなく上がりそうだから買う』

もうやめましょう。
整合性の欠片もありません。

僕は投資とは、ゴミの山を宝の山に変えることだと考えています。

是非、今後仮想通貨に投資する時は、本当はポテンシャルが高いのに、安い時価総額で放置されていて、そのコインの機能が拡充されそうなものを探してみてください^ ^

使えるコインになった時、価格は跳ね上がります✨

技術的なポテンシャルが高い通貨でも、ICOやソースコード、財団などの不透明性があり、コミニティが立ち上がらないコインは将来必ず滅びます。

コミニティがない、使われないコインに未来はありません。

コミニティに参加するメリットは、そのコインの未来を可視化することが出来る唯一の方法であるという点。

実際のところ、モナコインは技術的に特に優位性はないのですが、モナコインが好きな人たちが、モナコインで出来ることは何かないかと色々なことを企画していて、コミニティが本当に素晴らしいコインだと思います。

改めて言いますが、これが仮想通貨プロジェクトとしてあるべき姿なんだと学べました✨

NEMのコミニティは凄く参考になりますね(^ ^)

応援したいプロジェクトがあるなら、コインを買うだけでなく、コミニティに参加する。

これがあるべき姿であり、最強の投資方法です

同じくして、『INFOREX 』というコミニティを運営させていただく立場として、自分自身はもちろん、参加されている方全員にこの考えを浸透していけば、議論が巻き起こり、個人としても、コミニティとしても成長していけるでしょう。

皆さんのやりたいことを実現できるプラットフォームを目指しています。

指摘や批判が在ってこそ、です。

『INFOREX』は出来ればフォークしたくないですけどね笑

『INFOREX Cash』とか作る予定はありません。笑

それでは^ ^

ps.
Nextmoney運営です。

有難いことに会員限定コミニティ『INFOREX』へのお問い合わせが殺到し、大変混み合っている状況です。
コミニティの詳細は電話にてお伝えしていますが、現在、増員して対応しております。

☆興味がある
☆詳細を聞いてみたい
☆情報が欲しい

と、検討されている方や参加を希望される方は『Nextmoney』のメニュー『Q&A』から『Nextmoney返信用アカウント』or『INFOREX申し込みフォーム』にてお問い合わせください。

次回短期銘柄の発表(前回+640%/1h)は12月中旬に行う予定です。

INFOREX evidence 9〜11月

ZEC 9/26→9/28 
25000→33000/JPY 133%

XRP 9/14→10/8
16→32/JPY 200%

EMC2 10/1→10/12
1300→2200/satoshi 170%

BCH 10/27→11/12
36000→320000/JPY 880%

POT 11/621:00→11/622:00
1500→9800/satoshi 640%

ABOUTこの記事をかいた人

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。