取引所Zebpay、EOSの取引を開始

取引所Zebpay、EOSの取引を開始

インド最大手の仮想通貨取引所Zebpay(ゼブペイ)は7月16日、仮想通貨の時価総額5位を誇るEOS(イオス)の取引およびウォレット間の送受信を開始しました。

EOSは2017年6月から1年間に渡り、仮想通貨の資金調達ICO(イニシャルコインオファリング)を行い、2018年6月2日には、イーサリアムのERC20ベースからメインネットローンチを行い、EOS独自のブロックチェーン上のシステムである「EOS.io」に切り替えを行いました。

EOSは機能でも十分な能力を持ち合わせており、1秒間に100万件のトランザクションを実行し、トランザクションの手数料が無料になりました。

EOS(イオス)メインネットローンチ詳細・対応方法 / Ethereum(イーサリアム)を凌駕する期待の仮想通貨 / トークンスワップ対応

2018.05.25

そして今回、取引や送受信を開始した取引所ゼブペイは、インドで300万人以上のユーザーや投資家から支持を得ている仮想通貨取引所です。

取り扱っている仮想通貨は主要通貨をメインとした、次のコインとなります。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)

またゼブペイはEOSのトランザクションについて次のように説明をしています。

EOSトランザクションを開始する前に正しいメモを追加してください。EOSの古いアドレスにメモを書かずにEOSを送信した場合、その取引は受信されません。したがって、Zebpayは、失敗したトランザクションについて責任を負いません。私たちはそれを回復することはできませんし、EOSトークンを失う可能性があります。

注:古いEOSアドレスはすべてアーカイブされました。古いEOSアドレスをトランザクションの送受信に引き続き使用しないでください。

ゼブペイ公式ホームページより引用

インドの仮想通貨事情は最近になって大きく変化しいます。以前までインド政府は仮想通貨の取り扱いに関して禁止を発表していましたが、コモディティ化へと移行する見解を発表し、仮想通貨を取り扱う方向で検討していることが判明しました。

このように、インドと仮想通貨の関係性に大きな変化が起き始めており、取引所ゼプペイが世界最大の取引所になる日も、遠くはないかもしれません。

運営の見解

運営の堀口
インドの仮想通貨市場は大きな変革を迎えています。

一時は仮想通貨の取引を前面的に禁止する意向を発表したと思いきや、現在は前向きに捉えていると報道されました。

実際にインド国内での出来高は増えつつあり、法定通貨であるルピー建での取引が多いのが特徴です。

現在、ダントツの人気を誇るのがXRP。

しかし、あくまで希望的観測ですが、数学大国であるインドにEOSは流行りそうな予感がします。

インド仮想通貨市場及びEOSの動向は今後も追っていきます。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。