トランプ大統領、仮想通貨詐欺に関するタスクフォース組織

米トランプ政権が、詐欺から消費者を守るためのタスクフォースを組織した。
マネーロンダリングや仮想通貨関連の詐欺が問題になっている現状に対抗するための措置だ。

トランプ大統領令では仮想通貨詐欺、サイバー詐欺が対策の対象となると発表。
米証券取引委員会(SEC)や連邦取引委員会(FTC)もタスクフォースに含まれる。

アメリカ以外の各国も、現状法整備などが整っていない中での、仮想通貨が持つ危険性に脅威を感じている。
先日、アメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)を含む、オーストラリア、オランダ、カナダ、イギリスの5か国がグローバル・タスクフォースを組織したことも記憶に新しい。

仮想通貨関連の犯罪に対抗する、5か国連携の国際タスクフォースを発足

2018.07.04

司法省やSECも仮想通貨関連詐欺の規制強化に注力しつつ、投資家に対して注意喚起も継続して行う。

運営の見解

運営の堀口
トランプ政権による仮想通貨に対しての大統領令はベネズエラの「Petro」以来となります。
アメリカの金融市場では現在、「BitcoinのETF承認の可否」、「証券か否か」、「ICOへの対策」などが議論の渦中にあり、その全てで”SEC(米証券取引委員会)”の存在が際立っています。
SECを中心とした法整備が整うまではしばらく落ち着いた市場のままでしょう。
The following two tabs change content below.

nextmoney

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。