RippleにFacebook元幹部カヒーナ・ヴァン・ダイクが加入

11日、RippleにFacebook元幹部であるカヒーナ・ヴァン・ダイク氏を企業開発担当上級副社長として雇用することが明らかになった。

ヴァン・ダイク氏はFacebookの他にもMasterCardでも従業経験があり、20年以上のフィンテック・金融業界での経験がある。
Facebookでは最新の支払いシステムや金融サービスの開発を担当しており、PayPalやビザカードなどの大手金融企業とパートナーシップを結び、世界50カ国以上に向け金融サービスの提供を行ってきた。

Rippleへの加入について「業界の変革のための技術を適用することで、クロスボーダー決済における摩擦を排除する」と述べた。

“現在の決済において一番の課題”についての問いに対し、

今の国際送金システムは時代遅れ。40年も前に作られたシステムでは現在のニーズを満たすことは出来ない

と指摘した。

企業のみならず個人でも利用出来る、大量のお金をより早く低コストで取引する手段を提供する必要性がある、と述べた。

 

The following two tabs change content below.

nextmoney

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。