【コラム】Mt.GOX事件、再び!?

 

 

Bitcoinが再び90万円台へ、上昇中(*゚∀゚*)✨✨

 

 

全体の時価総額も最高値を更新しました(もはや定期。笑)
ビットコインの好調につられ、アルトコインも徐々にグイグイきてますね⤴⤴

仮想通貨市場は順調に上昇しています\(^o^)/

今回は順調な仮想通貨市場に潜む思わぬ”落とし穴”についてまとめていきます✨
○BitfinexがGOX??

現在BTCの取引高世界一を誇る大手取引所「Bitfinex」!!

 

前回のコラムでもお伝えしましたが、現在BTCvsBCHのハッシュレートの奪い合いはまだ続いており、なんとその連日のBTCの上げが『USDT(Tether)』によるものということが発覚しました。
「USDT」は簡単に説明すると法定通貨「USD」の仮想通貨版です。
(また別の機会に解説します。)

そんなUSDTを使って、BitfinexがBTCを買っていたということが発覚

さらにそのほとんどの取引が行われていたBitfinex自体が『GOX』するのではと噂されています…

このニュースに関しては、BitfinexのTwitter公式アカウントが”デマである”と否定。

様々な憶測が飛び交っており、真相は分かりませんが、こういったニュースは何ヶ月かに一回のペースで出てきます。
あるあるです。笑

ただ、仮に本当に”GOX”した場合どうなるのか…

まずは間違いなくBTCが大暴落します❗️❗️

取引高世界一の取引所のビットコインが消失したら、そりゃ大荒れです。笑

オーストラリアの起業家で、Bitcoinを発明したと宣言したことで有名なライト博士は、
「Tether社(USDTの発行元)が崩壊する時、BTCの暴落はMt.GOXの時よりはるかにひどいものになる」とコメント。

あくまで取引所の問題ですが、ビットコイン自体の信用を揺るがしかねないです

”GOX”が起こる可能性は低いにしろ、出金が遅れている現状も含め、念のため引き出しておいた方がいいかも
○連日の時価総額高値更新

最近もはや毎日のように仮想通貨全体の時価総額が伸び続けています。
これ自体はいいことなのですが…どうも胸騒ぎがします

最近のBTC好材料をまとめると、

・CME先物取引上場 12月2週目〜
・1/2 BCP付与?
・LedgerX $10000で長期ビットコイン先物を上場

などなどビットコインに関するニュースが毎日のように出ています。

中でもCME、LedgerX上場が市場に大きな影響を与えています。

CMEに関しては先日お伝えしましたが、LedgerXは驚異的なオプションを打ち出しました❗️❗️

『先物取引などのデリバティブ商品取引プラットフォームを提供するスタートアップLedgerXは長期ビットコイン先物オプションを追加した。ニューヨークに拠点を置くLedgerXはすでに、機関投資家向けのビットコイン関連のデリバティブ商品を扱っている。彼らは今年7月、米商品先物取引委員会(CFTC)よりデリバティブ清算機関(DCO)ライセンスを取得している。

Long-Term Equity Anticipation Security (LEAPS)と呼ばれるこの取引は、権利行使期日までの期間が長い長期のオプションのことであり、2018年12月28日に期限を迎える。この取引条件では、購入者が期限を迎える2018年12月28日に1BTCあたり10,000ドル(ストライク価格)で購入する権利 、または取引日価格の30%プレミアム権利が与えられる。オプションは権利であり、これを行使しなければいけない義務はない点が、先物と異なる特徴である。

2018年12月28日にビットコインあたり10,000ドルを超えていれば利益となる。

このオプションは17日金曜に上場し、2つの機関投資家が取引に合意した。買い手は2,250.25ドルで合意している。この場合、ビットコイン価格が10,000 ドル以下の場合、売り手は2,250.25ドルを得る、また、10,000ドル以上の場合買い手は10,000ドルでビットコインを購入可能だ。

LedgerX独自の計算に基づいた確率では、ビットコインが10,000 ドルに達する可能性は25%であると考えている。

LedgerXは今回初めてLEAPS金融商品のローンチを行ったが、1ヶ月前のソフトローンチ以降取引量を順調に伸ばしている。ビットコインデリバティブ取引では、最初の週で100万ドルの取引を記録している。』
参考元:coindesk.com

とのこと
長いですが、要約すると2018年12月28日に1BTC=$10000を超えていれば利益となるようです。

私達の感覚では、$10000くらい超えるだろと思ってしまいますが

この先物を投資の対象としているのは、機関投資家ですのでどれだけ慎重に事が運ばれているか分かりますね^ ^

そしてこの商品がとても人気で、最初の週で既に$100万を超える取引が行われています✨
○やがて訪れる”大暴落”

 

 

連日のBTC好調相場。
BCHの動きが多少気になるものの、動じずその立ち位置を昇華し続ける仮想通貨の王『Bitcoin』。

ここまで不安材料がないと不安になってしまうのは僕だけでしょうか…

過去には、
・6〜8月 BTC分裂
・9月 中国仮想通貨市場から一時撤退

などを理由に暴落しました。

常になにがあるか分からないのが仮想通貨…。

いつ転じて下落していくかは分かりませんが、一つ言えることはCMEの上場が12月2週目に決まった事がキーになりそうです。

機関投資家が市場に入ってくることにより、時価総額が今の倍以上になると予想されていますが、その前に安く買いたいはず…
あくまで”予感”ですけどね
○カネの流れを読め!

最近の仮想通貨市場は非常にシンプル。
BCHの台頭から始まり、BTCvsBCHの流れが続いています。

どちらかが下がればどちらかが上がるといった状況です。

上手く乗れれば2度3度、美味しい✨

そして気になるのはBCH以外の『Bitcoin不安相場』での避難先。

候補としては、
・USDT
・IOTA
・Litecoin
・XRP
などが挙げられます。
(詳しくは別の機会に解説します。)
2018年から仮想通貨市場は更に大きく変革していくでしょう⚡️

Bitcoinが再び先頭を走り、アルトコイン祭りはいつ訪れるのか。

 

 

それはもうすぐそこかも知れません\(^o^)/
例えばBTCが2倍の180万円に到達するのと、XRPが2倍の50円になるのはどちらが”早い”でしょうか…

 

 

それでは^ ^

ps.
現在、大変有り難いことに、コミニティへの問い合わせが殺到しております。
順に対応しておりますので、もうしばらくの間お待ちください。
加えて、コミニティの参加を『100名様』で打ち切りすることを検討しています。
興味のある方はお早めにお問い合わせくださいますようお願い致します。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。