【コラム】ジハンとロジャー BCHを巡る陰謀

ビットコインキャッシュ(BCH)が歴史的高騰!! 最高値を更新した後、一時300000円を超えました(直後に暴落)

今回はBCH値上がりの要因と、その裏で一体なにが起きていたのかまとめていきます!

キッカケはBTCのハードフォーク

そもそもBCHが誕生したのは8月のBTCのハードフォークによるSegwit導入で、ブロックサイズが既存の1MBのままで「スケーラビリティ問題」の根本的な解決に至らなかった為に開発されました。

BCHの魅力はブロックサイズの大きさにあります。BTCが現在1MBに対して、BCHはなんと『8MB』!!

BCHには「スケーラビリティ問題」の心配がないとも言われています。

先日、延期になったBTCのハードフォーク「Segwit2X」はBTCのブロックサイズを「2MB」に大きくする為に施策されていましたが、結局マイナーの支持を得られず、延期に。そこでハードフォークの行方が懸念される中でリスク回避として注目を浴びたのがBCHでした。

その後、ハードフォークが延期になった為、BCHへの資金流入が加速しました。

ハッシュレートがBTC超え

ハッシュレートとはマイニングの速度のことを指します。BCHのハッシュレートがBTCを超えた為、逆転現象が起こり、BTCの送金詰まりが起こってしまいました。

現在は回復しつつあるものの、一時は送金処理が1万件以上遅れ、24時間以上着金しない状況が続いたので、暴落へと繋がりました。

BTCの価値の源泉はマイナーにあり、マイニングが活発に行われなければ通貨としての機能が死んでしまいます。

まるで民族大移動のようにBTCマイナーがBCHに移ったことが大きな理由の一つです。まあ、儲かる方に移るのは当然ですよね…笑

Bitcoinが非中央集権という唯一無二の存在であるのにも関わらず、マイナーの意向で決定してしまう中央集権的システムになってしまっているこの現状を楽観は出来ませんね

BCHもハードフォーク

BCHが13日にハードフォークを実行し、マイニングの難易度を調整します。

もうそろそろですね

これにより、『Bitcoin cash classic』が誕生する可能性が示唆されており、期待が高まりました。

またややこしくなってきましたが、これが誕生するかはまだハッキリとした情報はありません。

本当の要因と今後の予想

  • ハッシュレートがBTC超え
  • ハードフォーク延期
  • BCH classicの可能性

などここまでいくつか要因を挙げましたが、実はこのBCHが跳ね上がったのにはある仮想通貨界の大物が絡んでいます。

それは、BCH生みの親 ジハン氏 とBitcoinの神様 ロジャー氏。

二人は活発に情報発信を行なっており、数少ない大物達の中でも極めて影響力を持った存在です。

特筆すべきは、ロジャーで、元々Bitcoinの神様と呼ばれる程、世界にBitcoinの普及を促した第一人者でありますが、ここ最近BCHへの移行を示唆する発言を繰り返しており、11/12に1750億円分のBTC(25万BTC)をBCHに変えたという情報が出回っています。

25万BTC…笑

去年、ロジャー氏にお会いさせて頂いた際はあらゆる決済をBTCで行なっていると聞きました。BCH推しに変わったのも、ビジネスであることと、BTCが発展していく為に必要だと感じているからだと思います。(勝手な妄想です。笑)

他にも仮想通貨事業を進める『SBIホールディングス』もBCHのマイニングを積極的に行うと発表しています。

最近はGMO.DMM.SBIなど国内の大手企業の仮想通貨事業が活発になっており、日本国内への仮想通貨の普及に一役買ってくれそうです。

未成熟な仮想通貨市場において、マイナーの動き、そして仮想通貨界の大物の動きなどは大きな影響を与えているので、情報をいち早くキャッチ出来ると上手く立ち回れますね。

それでは。