【コラム】ビットコイン またもやハードフォークか

今日はビットコインのハードフォークまで残り1週間を切ったので、現時点で分かっている範囲で解説していきます^ ^

最後に少しだけ、今後の予想も書くので是非見てください♪

○議論が続くSegwit2X

そもそもビットコインのハードフォークは、5月のNYC(ニューヨーク協定)で『スケーラビリティ問題(ブロックチェーンの処理速度問題)』を解決するために8月に『Segwit』と11月に『Segwit2X』を導入することが決定していました。

『Segwit』とは、ビットコインのブロックチェーンのデータを圧縮し、円滑にし、処理速度を上げるアップデートです。

そして『Segwit2X』は、ビットコインのブロックチェーンのデータ容量を倍増し、処理速度を上げるアップデートです。

実は元々は11月のハードフォークは行われる予定でした。

しかし、ご存知の通り11月の約束の前に『Bitcoin Cash』『Bitcoin Gold』が誕生してしまった為、

これ以上ビットコイン増やすのってどうなの…?😅💦

というのが実情です。

しかもビットコイン自体が管理者が存在せず、NYCに約束を拘束する権限が無いので

コア派(Segwit)vsビックブロック派(Segwit2X)で抗争が続いています😨💔

ビックブロック派と呼ばれるのは、Segwit2Xが、ブロックサイズを1MBから2MBに拡張するアップデートだからです。

○混乱を招いた原因

Segwit2Xのハードフォークは、今までのハードフォークとは異なります。

予定されているフォークは、「マイナー」「ウォレット」「取引所」「決済業者」を含む主要な業界関係者の間で行われたNYCの結果です。

そしてそのNYCで約束されたSegwit2Xの同意に関して、元々の署名者の大部分が正式にポジションの変更を表明していません。

Segwit2Xは、ビックブロックのコアプロトコルを変更によりビットコインを改善しようとするこれまでの試みと異なり、NYCによる妥協の産物として導入が決定されました。

ここで重要になってくるのは、
・混乱をもたらすチェーンの分割を避けるために、既存のチェーンと互換性のない変更の必要性を説明し、関係者から広く合意を得ること。

・合意を得ることができなかった場合、すでに存在するチェーンへの混乱を最小限にするために、ビットコインキャッシュのようにリプレイ・プロテクションを実装して綺麗に分裂させること。

問題なのは、Segwit2Xがこの流れを拒否し、合意を求める働きをしていないことにあります。

要は、本来Segwit2Xのハードフォークを行うつもりでしたが、

・ビットコインが増えすぎたこと

・2Xがしっかり働いていないこと

を理由に混乱を招いています。

○さらなる混乱が予想される

当初の理想に対して、すべての合意が得られずにフォークが行われた場合、ビットコインにとって不必要かつ壊滅的な失敗をもたらすでしょう。

ノード、ユーザー及びマイナーの対立が激化し、2つのチェーンが存続し、2つの金銭的価値も分裂してしまうかも知れません。

○勝つのはどっちだ

現在、B2Xの先物取引がアメリカ大手取引所『Bitfinex』で行われており、ビットコインの価格の約15%の価値という評価がされています。

前述の通り、価格のにも現れているように、Segwit2Xによって新たに生まれる『B2X』は、どれだけの支援を得ようともビットコインの価値を決して

『奪うことは出来ない』と考えます。

○ビットコインに与える影響

ハードフォークで分裂し、新たなビットコインが出来て、みんながそれに乗り換えれば、元々のチェーンは死に、新たなビットコインがBTCとして扱われます。

これは単なるアップデートであり、問題なく、むしろ問題解決に向かっていくでしょう。

しかし、マイナーや取引所などの様々な利害関係者の合意を得ることは難しいです。

度々マイナーとプロトコル開発者が議論しては折り合いがつかず、分裂を繰り返しています。

分裂してしまうと、ついにビットコインが4つになってしまいます😰

今後もビットコインの価値を保ち続けるためには特定の関係者が全体の総意を無視したハードフォークを繰り返す自体を避けなければいけません。

○価格推移予想

今までの通り、ハードフォーク前は上昇、ハードフォーク後は下落と見て間違いないでしょう。

下落するタイミングは多少前後するので、利確したい方はハードフォークが起こる少し前に売ってください。

現在の仮想通貨市場は未成熟で、相場はハッキリ言って読めません。

取れる対策としては、

・リスクを限定する
投機は臨機応変にではなく、初めから決めておくといいですね。

・取引所の選定
取引所によってハードフォークへの対応と、手数料が違います。
普段利用しているところ以外も、見てみてください。

ハードフォークがどうなるか。

それは誰にも分かりません。

こういう時は、基本に忠実に。

『期待で買って、事実で売る』

時期を見計らって、欲張らず、利食いしましょう😊✨

より詳しくはPodcast『仮想通貨ニュース』で話していきますので、お楽しみに( ^ω^ )

それでは^ ^

ps.
現在、コミニティに関しまして沢山のお問い合わせをいただいております。
順に連絡しておりますので、どうか温かい心でお待ちいただけると幸いですm(_ _)m
そして、『10月仮想通貨プレゼントキャンペーン』の当選結果は今週中に『Nextmoney返信用アカウント』から連絡致します。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。