マルタで仮想通貨関連の3法案が承認

26日、マルタ共和国政府は3件のブロックチェーン・仮想通貨関連の法案を承認した。
新たに承認されたのは、

1,革新技術調整・サービス法案

2,仮想通貨金融資産法案

3,マルタ・デジタル・イノベーション庁法案

以上、3件。

1、2の法案は、デジタル台帳技術(ブロックチェーン含む)とマルタの仮想金融資産をマルタデジタルイノベーション庁で監督・規制するもの。
3の法案は、ブロックチェーン・仮想通貨関連の規制支援を目的とした機関の発足を目的とするものである。

マルタのシルヴィオ・シェンブリ金融担当大臣は法案可決についてツイートにて

ブロックチェーンの島、マルタへようこそ

と、発言。

マルタ首相も「仮想通貨は未来のお金であると信じている」と発言するなど、国を挙げて仮想通貨に対し前向きな姿勢を示している。

マルタが仮想通貨に対し好意的な法案を通していくことから、多くの仮想通貨取引所がマルタへの移転を進めている。

  • BINANCE
  • OKEx
  • BitBay

など大手取引所が既にマルタへ移転している。

運営の見解

運営の椎木
OK、バイナンスなど世界的に有名な仮想通貨取引所がマルタに移動しています。今後も、大手の取引所や関連サービス機関などは、マルタに移動していくでしょう。
新しい市場や技術が出てきたときに、未来を見通して寛容なことをできる国はこれから伸びていくと思います。インターネット、ブロックチェーンが出てきたことによって国境がなくなっていくことは間違いありません。先進国は既得権益や各国とのしがらみで動きづらいのはわかりますが、新しい一歩を踏み出した国が次の時代のリーダーになりそうですね。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。