BINANCE創業者がFCoinのビジネスモデルを批判

5月にオープンして、またたく間に話題の中心となった中国取引所「FCoin」だが、そのビジネスモデルが今議論の的となっている。

FCoinはオープン直後から取引量が一時的に世界一位になるなど、強烈なデビューを果たして日本でも話題となっていました。
また、取引手数料を独自トークン「FT」で100%還元するという新しいビジネスモデルを採用しています。

【仮想通貨取引所】FCoin(エフコイン)の特徴・詳細

2018.06.07

しかし、FCoinが華々しいデビューを飾っているなか、中国の仮想通貨メディアでは、

「トレーダーがbotを使用してFTを受け取るために偽の取引を送信しているのではないか」という疑問が呈されていました。

この疑問に対し、Huobiの元CTOでありFCoinの創業者Zhang Jianは、すべての取引が本物であると否定。

さらにBINANCEの創業者である、Zhao ChangpengもこのビジネスモデルをWeibo上で批判。

取引所が取引手数料から収入を得ず、トークンの価格から利益を得ることが出来ない場合、トークン価格を操作する以外で生き残る方法はあるのでしょうか?

また、最近のトレンドである、取引所の収益分配システムに対しても否定的な意見を持っているようです。

現在FTの価格は6月13日の1.25ドルから約65%低下している。

 

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。