【コラム】ビットコインゴールド 理想と現実

 

 

分裂問題で揺れる中、ビットコインは高値を更新後、一時57万円台まで下落もすぐに回復しました。
要因どうこうよりも、ただの調整に近い動きでした

○どうなるビットコインゴールド

ビットコインゴールドの公式声明文にて予定通り10月25日にビットコイン保有で同枚数を配布すると発表。
10月25日の予定ですが、正確にはブロックが「491407」に到達時点で配布されます。

○配布条件

ブロック「491407」に到達時点で、ビットコインを保有する方全員に配布される訳ではありまさん。
前回のハードフォーク同様、対応することを発表している取引所又はハードウォレットに移しておく必要があります。

海外取引所
・HitBTC
・BitStar
・Beatcoin
・Yobit

国内取引所
・coincheck

ハードウォレット
・Guarda

世界最速で声明を発表したのはHitBTC、国内では唯一coincheckが取り扱いを発表しました。
日本仮想通貨事業者協会『JCBA』は、
「ビットコインゴールドの取り扱いについては、各取引所の判断に任せる」
という方針を固めました。

今回の「JCBA」の決定について、金融庁から異論が出なかったことからビットコインキャッシュ配布時と同様に各取引所からアナウンスが出るでしょう。
ただ、取引所によっては取り扱わないことも考えられますのでcoincheckに移すか、ハードウォレットに移行しておきましょう。

○ビットコインゴールドの懸念点

ビットコインキャッシュ誕生から早3ヶ月でまたもやハードフォークによってビットコインの亜種が誕生することになります。更には11月中旬にも「B2X」の誕生も。
ここでの懸念点は、ビットコインのハードフォークが流行し、ビットコインのコピーが乱立してしまうこと。
ビットコインキャッシュ誕生の時も各取引所の対応は疎らでした。
ただ、ある1つの取引所が「OK」してしまうと他の取引所もそうせざるを得ない状況になってしまいます。
なぜなら、ユーザーはハードフォークコインが貰える取引所に移行するでしょう。こうなれば、取引所は扱うしかなくなってしまいます。
となると、取引所への上場への審査基準が緩くなることや、ビットコイン持っておけば貰えるだけの基準になればモラルの低下を引き起こします。
昔からのビットコイン支持者は、長期的視点からこうしたハードフォークの乱立に懸念を抱いています。

○あくまで市場は「楽観ムード」

高値を更新後、下落しましたがすぐに回復。前回のビットコインキャッシュで甘い汁を吸えた(持ってるだけで貰えた)ことから、今の相場にも好影響を与えています。
前述の通りビットコイン支持者らの長期的視点からの懸念を他所に楽観ムードな動きですが、事実として、ほとんどの投資家はハードフォークがなんなのかすら興味はありません。

要は『いくら儲かるのか』なのです。

この先ハードフォークコインがポツポツ出ては来ますが、投資家がそれに飽きて誰も相手にしなくなれば勝手に収束するというのが楽観的な見通し。
逆にハードフォークがキッカケとなり、仮想通貨市場全体の信用が無くなることが悲観的な見通しです。

○アルトコイン復権は10月25日以降

ハードフォークへの楽観ムードからビットコインへの資金流入が勢いを増し、時価総額はうなぎ登り状態。
アルトコイン相場の縮小に繋がっています。
ビットコインゴールド配布以降、ビットコインは大幅に下落する可能性があります。

その後頭角を現すアルトコインはなにか…というところですね。

○基本線略

基本的に25日のビットコインゴールド配布までは上昇曲線を描くでしょう。

パターンとしては
①ビットコイン保有し、ビットコインゴールドを受け取る

②今のうちに有望なアルトコインを仕込む

③あらゆる可能性を考慮し、法定通貨に戻して待機

この3つになります。

ただ、ハッキリ言うと、
『貰えるものは貰っておこう』
というスタンスが最も正解に近い気がします。

懸念点はそれぞれありますが、ビットコイン及び仮想通貨が今どうであれ、マイナーが存在し、ハッシュパワーがある限り、関係ありません。

注意こそ必要ですが、貰えるものは貰いましょう。

いずれにせよ、どのタイミングで入ろうと市場が伸びていく未来に変わりはありません。
ビットコインが高いという人は、安くなったらなったで買えません。

『買いたい時が、買い時』です

僕が一番の楽観主義かも知れませんね。笑

ビットコインゴールドに関してはこの辺で。

次回はハードフォーク後、期待のアルトコインをまとめていきます!!

それでは^ ^

 

 

情報を受け取るならここ『Nextmoney』
友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。