EOSブロックチェーンプロデューサー21が決定!EOS本格的に始動

2018/6/15 2:46頃(日本時間)、EOSブロックチェーンプロデューサーを選ぶ投票で最低投票数150,000,000 EOS(15%)に到達しました。
これによりEOSのブロックチェーンが有効とみなされ、通常の機能が始動されます。

上位21のブロックチェーンプロデューサーは以下の通りです。

  1. EOS CANADA(カナダ,モントリオール)
  2. EOS Authority(ロンドン)
  3. eosDAC(アンギラ)
  4. EOS Newyork(クック諸島)
  5. EOS CANNON
  6. EOScafe(カナダ,カルガリー)
  7. EOS42(ロンドン)
  8. BITFINEX
  9. LIQUID EOS(イスラエル)
  10. Cypherglass(アメリカ,ミズーリ)
  11. Huobi.pool
  12. EOS GRAVITY(上海)
  13. EOS Argentina(アルゼンチン,ブエノスアイリス)
  14. EOSYS(韓国,ソウル)
  15. eos rio(ブラジル,リオデジャネイロ)
  16. EOS SWeden(スウェーデン)
  17. EOS Beijing(北京)
  18. EOStat(韓国,ソウル)
  19. eos store(北京)
  20. MEET.ONE
  21. EOS ASIA(香港)

今後、各プロックチェーンプロデューサーのチームより、様々なサービスが展開されていくでしょう。
EOSホルダーの方は「結局どうすればいいの?」と疑問に思っているでしょうが、公式からの発表を待ちましょう。

運営の見解

運営の椎木
ついにEOSメインネットの全ての機能が有効に使えるようになりましたね

これから各ブロックプロデューサーが色々なサービスやツールを出してくると思いますので、それを楽しみに待ちましょう。