コロンビアの銀行が南米取引所の口座をすべて閉鎖

コロンビアの銀行が南米取引所の口座をすべて閉鎖

コロンビアの銀行が南米仮想通貨取引所Buda.comの全ての口座を閉鎖しました。

BUDAのコロンビアCEOであるアレハンドロ・ベルトラン氏は閉鎖した銀行として、バンコロンビア、BBVA、及びダヴィヴィエンダの名前を挙げました。

更に口座を閉鎖するにあたっての追加説明をしていないことも認めており、全ての口座が予告もなく凍結されたとEthereum World Newsで報じられています。

しかし、報道後すぐに技術的問題が起こっているが6月13日にはサービスが再開されるだろうとBuda.comは報じています。

同仮想通貨取引所はチリ国立銀行が閉鎖措置を行った際に訴訟を起こしており、その時は裁判所がBUDAを支持し、再開していますが技術的な欠陥か運営側の問題がある可能性は高いと見られています。

運営の見解

NEXTMONEY

今回の報道では明らかに取引所側に過失のではと感じました。

しかし、発展途上国が経済的に豊かになるには、仮想通貨やブロックチェーンを用いた技術開発を推奨していくことが1番だと思います。

ベネズエラのペトロのような独自通貨の発行は賛否両論がありますが、発展途上国が先進国に遅れをとらないためには積極的な政策が必要です。

今回のように閉鎖という形で解決してしまうのは、根本的な解決になっておらず、国や南米全体として考えていかなければ、今後の発展はないと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)