【仮想通貨】IOSToken(IOST / アイオーエストークン)詳細・特徴

IOSToken(IOST)とは?

IOSToken(アイオーエストークン)は、AirDrop(エアドロップ)のコイン無料配布によりその認知度が急上昇しました。

IOSTokenは「Internet of Servies」の略でオンラインサービスプロバイダと呼ばれるネットワーク管理者のためのブロックチェーンプラットフォームを提供しています。

インターネット上のTwitterやFacebookなどのSNSや、Amazonなどの通販サイトはオンラインサービスと呼ばれ、現代の世の中になくてはならない存在となっています。

しかし、このオンラインサービスを提供する開発者は、サーバー管理や手数料、サイバー攻撃やその他の不正行為などの中央集権型システム特有の問題を抱えています。

さらに、専門的な技術の情報を理解するには時間がかかり、高度な技術を要するためサーバーカスタムを素人行うのは至難です。

IOStoken(アイオーエストークン)はこのようなサーバー構築の難易度をブロックチェーン技術を使用して解決しようとしています。

IOSToken(IOST)基本情報

IOSToken(IOST)特徴・詳細

IOSTokenの基本技術

  • Scaleout(スケールアウト)

並列して処理が行うことで、多くの取引を同時進行することが可能です。

  • Atomix(アトミックス)

クロスシャードというデータベースが異なる者同士でも取引を高速に一貫性を持ったままでのトランザクションを可能にします。

  • BRDR(Bias Resistant Distributed Randomness)

「ランダム性」を導入することでIOSTネットワークを便りのない分散性にし、セキュリティ性能を向上できます。

IOSTokenエコシステム

  • HUDS(Hyper Universe Distributed System)

IOSToken(アイオーエストークン)は小規模なオンラインサービスからAmazonなどの大規模なオンラインサービスまで幅広くブロックチェーンサービスを提供することを目指しています。

HUDSにより、ダウンタイムや検閲などを介さずにネットワーク上の複数のノードでファイルや情報データを保管することができます。これにより情報を安全かつ効率的、経済的に分散することが可能です。

  • dAppsとスマートコントラクト

dAppsとスマートコントラクトはIOSTエコシステムのメインとなるシステムです。

IOSTブロックチェーンを使用することにより、開発者はIOST仮想マシン(IVM)によってもたらされる安定性と高い並行性だけでなく、いくつかのプログラミング言語で開発することができます。

  • Fair and Transport Feedback system

    ユーザーは、サービスの完了時にフィードバックを提供する機会があります。FTFSは、すべてのフィードバックが信頼できるものになるように設計されています。

Proof of Belieavability(PoB)

IOSToken(アイオーエストークン)は独自のアルゴリズムとして「Proof of Believability」を導入しています。

  • 貢献度(IOSTネットワークをどれだけ利用したか)
  • IOSトークンの保有量
  • 評価・対応
  • どのような行動をし、不正はないか

ビットコインなどのアルゴリズムであるPoW(Proof of Work)は膨大なエネルギーを消費し、サーバー処理能力向上が難しいとされています。

PoWのような高度な計算・処理能力を実現するマイナーのみに報酬が支払われるのではなく、コミュニティへの貢献・評価の総合値で報酬が配られます。

がProof of Believabilityは、報酬のシステムを様々な要素にランダム化させたPoSに近いアルゴリズムです。

IOSToken(IOST)取り扱いおすすめ取引所

 

Huobi

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETHをはじめとする88種類以上
  • 取引手数料    : 0.2%
  • セキュリティ   : ★★★★☆

【仮想通貨取引所】Huobiの特徴・詳細

2018.04.17

Huobi(フオビ)は香港に拠点を置く仮想通貨取引所であり、現在の取引高が第5位と多くのユーザーに使用されています。

現在は提携は解消されていますが、日本の大手金融機関であるSBIホールディングスと以前まで提携していました。しかし、取引所のサポートも日本語対応が開始されているので、日本人と関わりが深い取引所として注目の取引所となっています。

Huobi取引所は独自トークンである「Huobi Token(HT)」を発行したことになり話題となっています。

Binance

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETHをはじめとする70種類以上
  • 手数料      : 0.1%~0.05%
  • セキュリティ   :★★★★☆

【仮想通貨取引所】Binanceの特徴・詳細

2018.03.19

中国の大手仮想通貨取引所で、取引量は世界でも1.2位を争うほどの人気です。中国の取引所なので中国系の仮想通貨を多く取り揃えていますが、仮想通貨先進国の日本で人気の仮想通貨も多く取り揃えています。取扱種類は70種類を超えると言われています。

最大の特徴は、取引手数料がBNB(バイナンストークン)を使用して取引を行うと、手数料が0.1%から半額の0.05%になります。仮想通貨取引での0.05%は非常に安く人気の理由のひとつです。

Binanceは人気の仮想通貨をいちはやく取り入れるため、Binanceをチェックすることで、どの仮想通貨が今人気なのかを知ることができます。さらに、公式の発表で全てのハードフォークに対応することを公表しており、BTCをBinance内で持っているだけでハードフォークコインが付与されます。

OKEx

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETHをはじめとする100種類以上
  • 取引手数料    : 0.02〜0/2%
  • セキュリティ   : ★★★★☆

【仮想通貨取引所】OKExの特徴・詳細

2018.05.28

OKEx(オーケーイーエックス)は、香港に拠点を置く仮想通貨取引所です。
2018年5月28日時点で、日本でも最も知名度の高い取引所のBINANCEを抑え、24時間取引量第1位となっています。
取扱銘柄も豊富で、世界最大級の取引所と言えるでしょう。

保持することによって様々な恩恵が受けられる、独自トークン「OKB」も発行しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)