中国のアリババ関連企業のアリ・ファイナンスが約1兆5400億円の資金調達

中国のアリババ関連企業のアリ・ファイナンスが約1兆5400億円の資金調達

中国大手インターネット取引会社アリババの関連会社であるアリ・ファイナンスは今月の8日、資金調達で約140億ドル(約1兆5400億円)を集めました。

同社は決済プラットフォームであるAlipay(アリペイ)の事業展開を海外にまで展開しており、さらなるテクノロジー開発を進めています。

アリペイのユーザー数は世界で8億人を超えている。中国国内のユーザー数は5億人を超え、中国だけでなくアジアでもユーザー数を伸ばしています。

スマートフォンでQRコードをかざすだけで簡単に決済ができ、小規模な飲食店や小売店にまで導入がされています。

アリ・ファイナンスが8日に発表した資料によると資金はシンガポールの政府系ファンドである(SWF)やGIC、 ウォーバーグ・ピンカスやカナダ年金制度投資委員会(CPPIB)、シルバーレイク、テマセク・ホールディングスなどが資金提供したと言います。

それに対して中国の法定通貨のウォン建てでは、既存の投資家が資金投資を支えました。

アリ・ファイナンスの最高経営責任者であるエリック・ジンCEOはAI(人工知能)やIoT(あらゆるものがネットと共存)などの最先端のテクノロジー技術に投資し、次世代の金融プラットフォームを構築して行く考えだと言います。

運営の見解

運営の椎木
ついに大企業が本腰を入れて動き始めてきた。

ユーザー数も資金力、技術力も桁違いのアリババグループがどのようにしかけてくるのか非常に注目だ。

中国本土では、キャッシュレス化が進んでいる中で、暗号通貨の受け入れはユーザーにとっても障壁が少なく浸透しやすいように思える。

多くのユーザーが使用することで改善と発展を繰り返す企業に、他の企業や国はどう打ち勝つのだろうか、

アリババにはとても期待ができそうだ。

 

The following two tabs change content below.

nextmoney

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。