仮想通貨取引所Poloniexを買収した米Circle (サークル)が銀行ライセンス取得に向けて協議

仮想通貨取引所Poloniexを買収した米Circle (サークル)が銀行ライセンス取得に向けて協議

法定通貨ドルとpegした仮想通貨USDCを発行する予定であり、個人間プラットフォームを手掛ける米サークルがOCC(米通貨監督庁)に対して銀行ライセンスの取得を求めていることが判明しました。

今回、サークルは「州」ではなく「連邦」ライセンスの取得を目指しており、世界中のネットワーク上にある他の銀行と直接やり取りができ、コスト軽減することができる仲介不要な中央銀行システムを目指しています。

サークルはゴールドマンサックスからの出資を受けており、「連邦」の銀行ライセンスの取得ができれば、一つのガイドラインですべての問題が解決します。

また、サークルはSEC(米証券取引委員会)に対して証券会社及び取引所としての登録も進めていると報じられており、ブルームバーグでは「銀行ライセンスの前にSECへの登録を優先する可能性が高い」と報じています。

2月に米大手取引所のPoloniexを約428億円で買収し、更にいくつかの通貨を上場廃止にしており、ライセンス取得に向けて着々と進んでいると見られています。

運営の見解

NEXTMONEY

今回の報道からわかるように仮想通貨を軸として銀行を作ろうとしている企業は多くあり、仮想通貨本来の分散型とは違った形での中央集権というプラットフォームの中で分散化されているという形が多く広がっていく可能性が高いです。

もちろん銀行業を行う上では画期的ではありますが、仮想通貨本来の良さが消えてしまうのではないかと懸念しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)